みんな知ってたASKA「クスリ漬け」売人ともめて隠し撮りされた吸引ビデオ

印刷
<映像はシンプルな部屋を映し出す。あまり物を置いておらず、掃除が行き届いている清潔そうな室内には、中央に三人掛けの大きなソファが置いてある。
   その真ん中にゆったりと腰掛けるのは大物人気デュオ『CHAGE and ASKA』(以下、チャゲアス)のASKA(飛鳥涼、本名=宮崎重明、55)だ。(中略)
   ASKAはテレビで見るようなシャープな輪郭ではなく、顔が病的にむくんでいる。そんなASKAに何者か分からない男が、『はい、これ』と言って、小さなビニール袋に入った何かをテーブル越しに手渡す。少し前かがみになって受け取るASKA。白い結晶のようなものが光っている。ASKAは慣れた手つきでビニール袋を指でなぞるように確認し、かたわらにある透明なガラスのパイプを取り出した。
   その動きに淀みはないが、終始無言でピリピリとした緊張感が漂っている。ビニール袋から白い結晶のようなものをパイプに入れたASKAは、軽くパイプを口にくわえた。その後、右手でライターを取り、おもむろにパイプを下から火であぶると、結晶が気化した白い煙を深く吸い込んだのだった。
   一服するとASKAはソファーの背もたれに深く体を預け、足を大きく開いて座りなおした。その姿勢のまま目を閉じ、まるで霊的な気体を吐くように口をゆるませ、恍惚の表情を浮かべた>

   『週刊文春』が衝撃的な記事を載せた。「CHAGE and ASKA」のASKAがクスリ漬けだというのである。タイトルは「シャブ&飛鳥」。ASKAが覚せい剤を吸引しているビデオが<一部の暴力団関係者など、闇ルートに流出している>(週刊文春)そうで、これはその映像の描写である。

   CHAGE and ASKAは大学在学中に結成され、ヤマハ・ポプコンで入賞した「ひとり咲き」でデビュー。1991年に「SAY YES」が300万枚の大ヒットとなり、93年には「YAH YAH YAH」がダブルミリオンを記録している。しかし、デビュー30周年の2009年1月に「無期限活動休止」を発表して事実上解散していたが、今年1月(2013年)、唐突に復活を宣言してファンを喜ばせた。だが、6月になってASKAの事務所の公式ホームページで、ASKAの体調が悪いため延期すると発表していた。

覚せい剤ひと月30グラムのヘビー麻薬常習者

   ASKAのクスリ疑惑は知る人ぞ知るだったようだ。そのきっかけは、札幌に拠点を置く山口組系暴力団の山本(仮名)だという。山本とASKAは中学時代の同級生だった。ASKAと親しい芸能関係者がこう語る。 <「ASKAは山本にクスリの手配を依頼し、山本は頼まれたブツを持ってわざわざ北海道から東京に来ていました。またASKAは六年前に札幌円山公園近くのタワーマンションを購入し隠れ家にしていて、山本は頻繁にそこを訪れているのです」>

   ASKAはコカインやマリファナも好きで、件の山本によるとシャブをひと月に30グラムも使用しているという。麻薬Gメンによれば、ヘビー麻薬常習者でもひと月4~5グラム程度だというから、相当な末期麻薬中毒者であろう。だが、その山本ともカネのことで揉め、このビデオはその山本が隠し撮りしたというのだ。

   ASKAの体を心配したCHAGEがライブの延期をいい出し、ASKAが殴りつけたという情報もある。たしかに、週刊文春のインタビューに答えるASKAの言葉は支離滅裂で聞き取りにくい。だが、クスリで揉めていることにはこう答えている。<――山口組系暴力団員からクスリのことでゆすられていると聞いていますが。

   「(少し間があり)……そうそう、それはね『お金を貸してくれ』って言われたの。それで、俺は嫌だって言ったらね。「嫌だ」って。そうそうそうそう、それで揉めただけでぇ」>

   以前からいわれていることだが、芸能界の麻薬汚染は相当に拡がっているのは間違いない。警察は動くのか。気になる情報である。

渡邉美樹当選で池上彰が聞きたかった「社員が自殺をして、責任なり言葉はないのでしょうか」

   『週刊ポスト』は前号が参院選前の発売だったから、今週号で扱うには遅いと考えたのだろう、ひと工夫した記事をやっている。選挙特番で民放視聴率トップだった池上彰氏が、当選者や政党代表に聞くはずだったが、相手が出てこなかったため幻に終わった質問を、池上氏に話させているのがそれである。

   丸川珠代氏(自民)に対しては、<「07年の参院選の際、期日前投票をしようとして選挙人名簿に登録されていないことが明らかになりました。これはテレビ局勤務時代の海外赴任から帰国した後、3年間転入届を出しておらず、投票権が消失した状態だったためです。ということは、05年の衆院選も07年の都知事選も投票に行かなかったですよね?ご本人にその確認と、最近は投票に行ってますか?と聞いてみたかったですね」>

   石原慎太郎氏(維新)については、<「今回の選挙で維新が思うように伸びなかったのは、橋下さんの例の発言(慰安婦)が響いているのだと思います。その点、石原さんが橋下さんのことを見るとき、困ったヤンチャ坊主だと思う一方で、憎みきれないという顔をするんですよね。ですから政治的な意味ではなく、石原さんの個人的な橋下さんへの思いを聞きたかったですね」>

   渡邉美樹氏(自民)には、<「番組のVTRの中で、『たまたま1つの事故を取り上げてブラック企業だと責められるなら、日本中には千・万のブラック企業がある』とおっしゃったんですね。

   でも、それは開き直りなのでは? 自分の会社の社員がたった1人でも自殺をして、それが過労死だと認定を受けたことに対する責任なり、言葉がないのでしょうかと質問したかったですね。それと渡邉さんは以前、都知事選に出ている。今回は参院選。都知事と参議院議員の仕事は当然違いますよね。一体あなたは何をやりたいのか? という問いに対する答えを聞きたいですね」>

   政治のプロが聞かないことを聞く。池上氏が注目される理由がここにある。

「八つ墓村」5人惨殺の保見光成―彷彿とさせる「岡山・津山30人殺し」

   現代の八つ墓村かと騒がれた山口県金峰郷(周南市)で起きた5人殺し事件を週刊ポストと週刊文春が報じている。『週刊新潮』もやってはいるが1ページのコラム扱い。事件に強い週刊新潮らしくない。

   両誌ともに書いているのは、この事件が75年前に同じ中国地方の岡山県津山市の農村で発生した「津山30人殺し」事件を彷彿とさせるということである。<作家・横溝(正史=筆者注)の『八つ墓村』のモデルである同事件は、結核で徴兵検査丙種合格(実質的に不合格)となった21歳の無職青年・都井睦雄が、結核伝染を恐れる村人から冷たい仕打ちを受け、その恨みから故郷に復讐しようと思い立ったとされる。

   計画は周到かつ残虐だった。午前2時前、頭に懐中電灯を二本縛り付けた都井は、夜陰に乗じて村民たちを日本刀と猟銃で殺害。さらに育ての親である祖母の首を斧で刎ねた。約1時間半の間に30人がほぼ即死の状態で命を落とした。

   ちなみに凶行を終えた都井は、村を見晴らせる高台に登り、そこで自らの胸にピストル当てて自死している>(週刊ポスト)

   金峰集落は平家の落人たちが逃げ込んだ地域だといわれているが、今では典型的な限界集落である。<周南市役所によれば、 六月末時点で金峰郷には8世帯14人が住んでいたという。男性7人、女性7人。そのうち60歳未満は3人しかいない超高齢過疎地帯である。今回亡くなった5人の被害者も、70歳を優に超えている。

   「ここの主要産業は林業で、その林業に付随した産業としてのシイタケ栽培も盛んでした。でも、そういった産業が斜陽化してくるに伴い、過疎化が進んでいきました。現時点では具体的な復興策も見つかってない」(周南市役所中山間地域復興課)>(週刊ポスト)

   犯人は63歳。この村に住む家の次男坊として生まれ、中学卒業と同時に村を出て神奈川県に行ったという。30年経って、職を捨てて老親の面倒を見るために村に戻った。だが、老親も亡くなり、長く離れていたため村の人々とは断絶があったようだ。「都会から隔絶された限界集落でのさらなる孤立」が惨劇に結びついたのではないかと週刊ポストは書いている。

都会では厄介者。舞い戻った限界集落でさらなる孤立

   週刊文春は「保見光成」と実名入り。取材時間があったせいか、保見の神奈川時代をかなり詳しく書いている。当時の写真も載っているが、角刈りにサングラス、背は180センチもあるからなかなか強面である。借りていた家の掃除は欠かさず、夕食の買い出しから弁当まで作り、盆暮れには一升瓶の付け届けを家主に欠かさなかった一方で、気にくわないと露骨に態度に出し、粗暴なところがあったという。

   暮らしは豊かではなかったが、クルマにはカネをかけていたようだ。またこんなエピソードを彼の飲み友達だった男に話させている。<「保見の部屋で一杯やっていると、ヤツが嬉しそうに二枚の写真を出してきた。『これ、見てくれよ。俺が一人で実家に家を建てたんだ。鉄筋を組むところから全部俺がやったんだ』と誇らしげでした」>

   室内には、年老いて介護が必要になった両親のために、バリアフリーを意識した工夫が施されていたという。彼が作ったカラフルで奇抜な外観が地元で話題を呼び、テレビにも取り上げられたそうだ。その後、彼は両親の介護のために約35年ぶりに故郷に舞い戻ることを決意する。しかし、35年という時間の重みをまるで保見は理解していなかったと書いている。

   両親の介護をしながら、自宅を拠点に左官やタイル張り、家の修理などの仕事を請け負い、一時は「シルバーハウスHOMI」なる表札を出して高齢者向けの便利屋として活動していたそうである。だが、近隣とさまざまなもめ事を起こしていく。その頃の事情を知る関係者がこう語っている。

<「今から十年前、保見と貞森さんらが三人で飲んでる時に言い合いになり、激高した貞森さんが刃物で保見の胸のあたりを刺したのです。貞森さんはカッとなりやすい性格だったのですが、傷害罪で罰金刑に処せられています」>

   またこんなこともあった。<「河村さんは保見宅の裏手に田んぼを持っていたのですが、農薬を撒いたら『犬を飼っているのに農薬を撒けば風が吹いてウチの方に来る。犬を殺す気か』と凄まれたそうです。それ以来、河村さんは、『金峰では農薬がやれん。文句を言うのがおるから』と田んぼ作りを止めてしまいました」>

   ここは8世帯14人の村である。小学校の分校が閉鎖され、乗り合いバスの路線も廃止されてしまった。高齢者たちが鼻付き合わせて生きている村に突然舞い戻った若い男は、次第に浮いていき孤立を深めていったのであろう。こうした限界集落は日本のあちこちにある。今回のような悲劇を繰り返さないためにはどうしたらいいのか。ノンフィクション・ライターはこの事件を逐一取材して、その対策のための何かをわれわれに提供してほしいものだ。

カネボウ美白化粧品被害!使ってなかったから免れたCM美女たち

   カネボウが売り出した美白化粧品で肌がまだらに白くなる「白斑」の被害が拡がっている。週刊新潮はカネボウのこの美白化粧品のCMに出ていた「一流女優たちは白斑化粧品」を使っていたのかという『皮肉な』特集をやっている。CMに出ていたのは知花くらら(31)や深津絵里(40)、藤原紀香(42)、中谷美紀(37)などである。

<知花くららの事務所の担当者に聞くと、
   「知花がその化粧品を使用してるかどうかということや契約の内容に関しては答えられません。知花の肌はいたって健康です」
   深津絵里の事務所は、
   「契約に関することは一切答えられません。深津が使用していたかどうかもお話しできません。こちらから申し上げられるのは、確かに09年に深津が『ブランシール スペリア』のCMに出演していたということ、深津の肌には問題はないということ。事務所にクレームなどは入っていないということだけです」>

   カネボウ化粧品の広報部は「契約期間の間、タレントが出演するブランドの商品を積極的に使用するよう最善の努力を行うようお願いしています」と答えているが、大金を払っていた女優たちが自社の製品を使っていないのでは、ガッカリしたことだろう。

   某化粧品会社販売員もこう語っている。<「彼女たちが普段はカネボウの化粧品を使ってないからでしょう。CMで紹介している商品を使っていないなんて、と一般の方は驚かれるかもしれませんが、これは化粧品業界では常識なのです。律儀にCMの商品を使っている女優さんのほうが稀だと思います」>

   カネボウ化粧品は基礎化粧品の品質では世界ナンバーワンといわれ、社員たちもそれを誇りにしていたそうだ。その誇りが崩れてしまったいま、ふたたびカネボウ化粧品への信頼を築くのは容易ではあるまい。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中