2019年 11月 23日 (土)

「世界水泳」日本メダルラッシュ!萩野公介18歳18レース出場で応援の両親ヘトヘト

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「続いては、メダルラッシュが続く世界水泳です」と赤江珠緒キャスターが意気込む。きょう2日(2013年8月)未明には、18歳の萩野公介選手と28歳(競泳界ではベテラン)の寺川綾選手がそれぞれ2つ目のメダルを獲得した。とくに、「怪物の匂いがプンプンする」(元競泳選手の田中雅美)という新鋭の萩野は多種目18レースに出場予定で、放送時間が日本時間の「連日深夜に登場」(番組キャプション)している。

「体は大丈夫ですが問題は精神状態ですね。ドキドキで見ていられない」

   栃木県のご両親もテレビ中継を見て、毎日欠かすことなく応援しているという。「昼間、家にいて休めるので、体は大丈夫なんですけど、問題は精神状態ですね。ドキドキで見ていられない。あと何レース、あと何回ドキドキするのかしら」(母の貴子さん)

熱戦が続きます

   きょう深夜も萩野ら日本選手が活躍の予定で、キャプションは「今夜も眠れない」。「イヤ、熱戦、続きますね」「応援しましょう」と羽鳥慎一キャスター。

   その放送局が中継するビッグなイベントが深夜にある場合、ワイドショーでは、出演者が「連日、眠い目をこすりながら欠かさず見てますよ」「大変ですよ」となどとこぼすことがありがちだが、今回の世界水泳ではあまり具体的な視聴エピソードが登場していないようではある。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中