チャゲアス飛鳥涼「覚せい剤中毒」疑惑!?週刊文春・東スポ実名報道

印刷

   CHAGE&ASKAの飛鳥涼が覚せい剤に手を出したために暴力団から脅されていると、きのう1日(2013年8月)発売の『週刊文春』が報じた。4年間の活動休止を経て復活がいわれたばかりだ。今月予定のライブが中止になったあとだけに、やっぱり何かあるのかと疑惑が広がっている。

中学同級生の暴力団員から購入。吸引の盗撮ビデオで脅されてた!

   この件は『東京スポーツ』がすでに「超大物シンガー」と匿名で伝えていたのだが、週刊文春の報道で東スポも1日、「飛鳥 重度薬物 実態」「異常な姿を近隣住民が目撃」などと1面トップで実名を伝えた。東スポは飛鳥の薬物依存がかなり深刻な状況で、捜査当局にも情報が入っているなどとしていた。

記事は疑問だ

   週刊文春は「シャブ&飛鳥の衝撃」「覚せい剤吸引ビデオで暴力団に脅されていた」として、中学の同級生だった暴力団員からドラッグを買っていたこと、その同級生が飛鳥が吸引している姿を盗撮して脅していたと伝えていた。

   週刊文春は自宅前でつかまえた飛鳥とのやりとりも伝えているが、「薬物中毒なんですか?」に、「ぜーんぜん、ハッハッ」と意味不明に答えるだけだった。「暴力団からゆすられてると聞いていますか」と問われると、「『お金かしてくれ』っていわれたの。嫌だといってもめただけ」と関わり自体は否定していない。

   近隣住民の証言でも「意味不明なことを口走る」などというものがある。こうした証言は東スポも伝えており、飛鳥が周囲からもわかるくらい異様な状態にあることをうかがわせている。

   チャゲアスは2009年1月に活動休止に入ったが、今年1月活動再開を発表し、飛鳥の単独ライブも行った。6月には剣道大会に出場したりして、今月には復活ライブも予定されていたのだが、飛鳥が一過性の脳虚血症になったとして中止になっていた。

所属事務所「事実に反しており大変遺憾です。厳重に抗議します」

   飛鳥の所属事務所は報道について「事実に反しており大変遺憾です。厳重に抗議します」とのコメントを出した。レコード会社は「報道が事実であれば看過することはない。所属事務所からは事実に反するとの説明をもらっている」という。

   ここで「とくダネ!」は、飛鳥が今年1月に行ったライブの映像を見せた。報道で覚せい剤吸引を盗撮されたという同じ時期だ。ギターを抱えて、「新聞見たろ」「てなことだ」「待たせたね」といって演奏に入っていた。見たところ変わったところもない。伝えた梅津弥英子レポーターも「伸びやかな声で」という。

   6月には剣道の雑誌に飛鳥が全国大会に出ている写真が出ていた。胴衣を着て面を前に腕を組んで正座している。撮影日は6月3 日、ライブ中止発表の1週間前だ。大会では団体戦で3位に入賞している。薬物依存で剣道なんかできるか?

   司会の小倉智昭「200万枚、300万枚という大ヒット。コンサートのチケットもなかなか手に入らない。これだけの歌手が薬物依存などでこれまで築いてきたものを捨てるだろうかと疑問に思う。ただ、週刊誌も強烈な書き方をしている。もし事実に反するとしたら、当然名誉毀損になる話。注目していきたい」

   これだけのネタになると、いかに週刊誌でも生半可では記事にはできないだろう。実際、週刊文春は盗撮された吸引ビデオを持っている。火のないところに煙は立たない。どうなることか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中