「女の子は火ついた服で走り回ってた」消火訓練中に爆発!消えたと思ってエタノール

印刷

   「その女子はよほど熱かったのでしょう。火が付いた洋服で走り回っていました。私は女の子に覆い被さり、私の身体で火を消しました」と女の子を救った中年男性は語った。両手にはヤケドの包帯が巻かれていた。

   きのう4日(2013年8月)、滋賀県東近江市小脇町のグランドで行われていた消火訓練中に爆発、50代の消防団員と小学生の女の子2人が大火傷を負う事故があった。

炎見えにくく、大量に補充すれば一気に燃焼爆発

   爆発の原因は消火訓練に使っていたエタノールだった。消防団員の一人が火が消えたと思いエタノールを注ぎ足したところ、周囲に気化していたエタノールに引火し爆発した。燃焼問題専門家の鈴木弘昭氏(理学博士)は「アルコールは表面近くでも底部でも燃えます。エタノールは表面の炎が見えにくく、内部が燃えているかどうかを素人が判断するのは難しい。そこに大量のエタノールを補充すれば、一気に燃えて爆発が起こります」と説明する。

消防士いなかった?

   司会のみのもんた「訓練の現場には本職の消防士がいなかったといいます。どんな人がこの訓練を企画したの?」

   奥平邦彦レポーター「地域の消防団、いわばボランティアが中心だったようです。エタノールを使った訓練は過去に何度も経験がり、油断していた面があったのではとも見られています」

   消防団がボランティアで素人というのは違ってないかな。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中