沖縄米軍ヘリ墜落!「極限状態想定した訓練」6月にも緊急着陸トラブル

印刷

   沖縄・宜野座村で米軍のヘリコプターがまた墜落した。米空軍の嘉手納基地所属の救難ヘリHH-60で、5日午後(2013年8月)、訓練中にキャンプ・ハンセン基地内の原生林に墜落、炎上した。ヘリには4人の乗組員がいて、3人は脱出して命に別状はなかったが、1人が行方不明という。沖縄県民が猛反発している新型輸送機『オスプレイ』の追加配備が進む最中の事故だ。

高性能の機体とレベル高いパイロットの部隊

   事故が起きたのは米軍基地内とはいえ、宜野座村の住宅地から2キロ、高速道路から1キロしか離れていないところだ。宜野座村の當眞淳村長は「沖縄のこれが現実。民間地と演習場がかなり近い距離にあるということですね」と語る。

どういうヘリ?

   沖縄では返還後これまでに米軍による44件のヘリ墜落事故が起きているが、救難ヘリHH-60は6月にも国頭村と東村にまたがる北部訓練場内で緊急着陸するトラブルがあったばかりだ。

   赤江珠緒キャスター「どういうヘリですか」

   軍事アナリストの小川和久(静岡県立大特任教授)が解説した。「1990年の初めから米空軍が導入した戦闘捜索救難用のヘリで、コンバット・レスキューと呼ばれています。戦場内の事故や飛行機の不時着、災害の現場で救助に当たるのが任務で、ヘリの性能も高いし、レベルの高いパイロットが配属されています。かなりの極限状態を想定し訓練を行なっているということでしょう」

海兵隊「オスプレイ追加配備を当面見合わせ」

   事故のあった原生林では実弾による訓練が行なわれ、頻繁に山火事が起きているという。今回も煙が上がったとき、住民はいつもの火事と見ていたようだ。

   沖縄の住民は絶えず危険と隣り合わせにあることは間違いない。沖縄の米海兵隊は米軍岩国基地にある残り10機のオスプレイの普天間基地配備を当面見合わせると発表した。しかし、沖縄県民は不信を募らせる。琉球朝日放送の島袋夏子記者は「追加配備が延期になっても、中止になったわけではありません。事故の心配がぬぐいきれないなかで、再び配備が始まることに住民は不安を感じているし、政府に不信感を募らせています」と伝えた。

   コメンテーターの舘野晴彦(月刊『ゲーテ』編集長)「オスプレイの飛行については、ここ数か月ものすごいルール違反があっても、防衛省は米軍の言うままにそんなことはないといってきた。ルールすら守られないなかで事故が起きたわけで、次の大きな事故がありうる可能性が実証されたようなものですね」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中