本田泰人に元妻・高岡由美子反撃「悪口をネタにするなら養育費払って欲しい」

印刷

   タレントでモデルの高岡由美子(38)が2009年に離婚した元サッカー選手・本田泰人(44)に8月7日(13年)のブログで反撃に出た。本田が6日の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)で高岡について、「現役を引退して収入は当然下がるのに 収入が少なくなったら離婚すると言われていた」と暴露したのを受けてだ。

   代理人を通して「双方とも相手の事を言及しない」と取り決めていたため、高岡は「あの時の事について」の仕事が来ても断ってきたという。結婚中は「私が悪者になっても良いから『悪い鬼嫁と可哀想な夫』で仕事して行こう」と考えていたが、「それははるか昔の事。娘が見たら何と思うか考えて欲しい」と話した。

   高岡は本田にブラックカード(年会費16万円)の解約や、高級外車の売却は提案したというが、冒頭の発言は「真実とは異なる」と否定し、「私の悪口をネタにするのなら養育費払って欲しい」「娘にとってたった1人の母親を公共の電波を通して 悪口言ったりしないで欲しい」と求めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中