「Orbi Yokohama」ホントにすごいらしい!自然体感エンターテインメント

印刷

   中山美香レポーターが立っている手すりの向こうに広大な映像が広がって、雲の流れ、大草原、大峡谷、アルプス…。大画面なので自分が空間に飛び出したような迫力だ。英国BBCが50年にわたって撮影した映像で、ゲームのSEGAとのコラボで展示施設が19日(2013年8月)に横浜にオープンする。

   BBCが自然や動物を撮った映像の素晴らしさは、テレビ、映画、DVDなどでだれもが知っている。これをフルに使って大画面で「体感」できるというのが「Orbi Yokohama」だ。SEGAが4年をかけてアイデアを練ったという。「自然体感エンターテインメント」というらしい。むろん世界初だ。

巨大モニターに飛び込み、ヌーの大群の足音にかこまれ、南極ではペンギン気分

   横浜・みなとみらいに6月にオープンした商業施設「MARK IS みなとみらい」の5階にあって、入口をはいった中山は天井の高さとスクリーンの大きさにびっくり。スクリーンにはいろんな動物がシャドウになって動いている。所定の場所からカーソルで指示すると、それらの動物の説明を呼び出すことができる。これが「アニマルペディア」。

チャチじゃない

   空中散歩の大画面では、画面に合わせて風が吹いてくるなど臨場感いっぱいである。「飛んでます。鳥になったような不思議な感覚ですね。高い山を見下ろしている」と中山。南極のペンギンが住んでいる零下20度のブリザードを体感するというのもある。室温は零度なのだが、そこへ風速20メートルの強風が吹いて、ペンギン気分にしてくれる。

「凍てつく寒さとはこういうものなんですね」

   この構想について、SEGAクリエイティブディレクター長谷川敦彦さんは「家庭やモバイル、スマホで絶対に体験できないものは体感とスケールだった」という。BBC Earthのアーカイブス映像が撮影された状況に近いイメージを体感できるように作ったという。

   四方を巨大モニターで囲まれた部屋では、ヌーの大移動の真ん中に立つような感覚、振動、音を味わえる。海中散歩もできれば、短編映画の上映もある。このスクリーンがすごかった。高さ8メートル、長さが40メートルもあって、円弧状になっている。観客席の前部はスクリーンの中に踏み込んだ感じだ。この横長にBBCもSEGAもこだわった。「人間の視野は横に広いから」と長谷川さんはいう。そのために「ブレンド」という通常の16×9の画面を3つ並べて、その境目をなくす最新技法を使った。

   映像はオーロラ、ペンギン、氷河などだが、氷河の崩壊シーンでは画面下から冷たいミストが吹き出した。

地球イメージの「ブルーバーガー」450円

   中山「いままでにしたことがない体験でした」

   司会の加藤浩次「面白そう」

   中山「面白かったです」

   加藤「リアクションが本当だった」(笑い)

   中山は「圧巻でした」とまだ興奮してる。キャスターのテリー伊藤は「年齢を問わず楽しめるね」

   中山「そうなんです。映画館でも美術館でも博物館でもない、別の施設ですね」

   テリー「デートコースにも子どもの遠足にもなる」

   加藤「こんないい方は失礼だけど、チャチじゃないですね」

   テリー「地球博のときより迫力がある。久しぶりに見てみたなと思ったね」

   会場には地球をイメージした青い色に地図が浮いているブルーバーガーがあって、450円。こいつぁみんな食うだろうな。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中