2018年 7月 21日 (土)

東京・奥多摩「小河内ダム」人工降雨装置―ひと雨4~5万円!どんどん降らせてよ

印刷

   この夏、首都圏の水がめは水不足。「そこで秘密兵器の出番」(森本さやかアナ)となるかもしれないという。東京の奥多摩の小河内ダム近くには、「人工降雨装置」が4基設置されている。ヨウ化銀を含んだ煙を出して、空の雲と反応させて雨を降らせ、ダムに貯める仕組みだ。

50年近く前に設置。首都圏水不足で久しぶりに出番か

   人工降雨装置は1965年に1800万円ほどで設置されており、800回も稼働した実績があるという。2001年以来使われてないが、ひさしぶりに出番がくるかもしれない。

ポケットマネーで

   司会の小倉智昭は「こんな(安い設置)金額じゃ、たいして雨降ってない(降らない)と思う」と最初は眉唾だったが、1回の雨降らし費用が4、5万円ほどだと聞くと急に態度を変えた。「4、5万ならもっと早くからやればいいじゃない!」「4、5万なら都知事のポケットマネーでもできそうだ。どんどんやってほしい」

   ここでアシスタント司会の菊川怜が一言。「(都知事じゃなくて)オグラさんのポケットマネーでもできますよ」

   ムッとご機嫌を損ねやしないかとハラハラもんだったが、けさの小倉は機嫌よく、「アタシ、水飲まなくて大丈夫。いや、そんなことはない(笑)」と冗談で応じていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中