ドキュンネーム、ブリブリ写真…赤ちゃんはキラキラママのペットかい!

印刷

   キラキラしたものがとにかく好き。どんなにオーガニックな食生活をし、ヨガにはげみ摂生していても、どうしても草木染め一辺倒の洋服にはなれない。でも、ジャラジャラしているのは嫌い。男の金のネックレスや数珠なんてもってのほか。所詮、女はキラキラしたものに目がない。それがたとえフェイクだったりしても…。

   昔、仕事したイラストレターの人は言っていた。「人間は光るものに本能的に目がいく。男のためを考えるとだからこそ光をまとった美しいグラマラスな女性を描きたい」

   彼が描く絵は、金属的なボディースーツを身にまとった女性や、憂いを帯びて光る唇、強く大きな輝く瞳の女性だ。動物の本能は光を求めてさまよう。夏の虫が火に群がり燃えていき、深海の生き物をおびき寄せるためにサーチライトを使う。光のある方へと向かって命落とすことになる。

これって児童虐待じゃないの

   人間も1度スポットライトをあびたら、後には戻れない。輝く光を一身に受ける快感は、経験した者にしかわからないあの快楽の瞬間を求め、その光に人は時に人生を狂わす。これは何も芸能界だけではない。本物の宝石には手が届かなくても、ビジューをまとっていたい!それが女ゴコロである。

   女の本性は怖い。たとえば、子供専用の写真スタジオ。そこで撮られる子供たちの残虐さといったら、目を覆うばかりだ。まだやっと座ることができるような女の赤ちゃんが、ヒラッヒラのドレスを着せられていたり、男の赤ちゃんは貴公子の軍服姿にさせられていたりする。

   さらに、ないわ~と思ったのは、野菜や動物の着ぐるみで撮影だった。ドキュンネームが虐待と叫ばれるのであれば、こんな親のエゴでブリブリの格好をさせられている子供も悲劇の1つなんじゃないかって思っちゃう。まるでペット。お宅のダックスフンドかチワアかマルチーズに洋服を着せるのと同じ感覚で、わが子に(そういう意味では同じなんだけど)大金をはたいてコスプレさせているわけですから…。

夢は「子供を芸能界に入れて自慢したい」

   でもでも、こういうのが女の遺伝子らしい。自分で選択できない幼児に対して、洋服を選ぶのはたいていが母親だ。独身女からしてみると、気持ち悪くて仕方がない。自分の周りの友達でこういうタイプの母親がいなくて良かったと安心する。

   同じ感覚は数あるママ雑誌を見ていてもそうだ。ママのための雑誌の主役は結局ママ。子供がいても、キラキラと輝く美しいママを必死に頑張る女性の援護射撃をするケースが多い。ママだけど、メイクもしっかり、ネイルもしっかり、そしてファッションだって今の気分を取り入れて、ファストファッションのお店でベビーカーごろごろ引いていかにコーディネートするかにかかっている。ママは自分自身がキラキラできるアイテムを求めて、人ごみの中、自分の身長とサイズの合わない外国製のベビーカーを引きながら、財布とニラメッコしながら選んだおしゃれな洋服を着てくれた。それは子供を洗礼していく作業だとも思う。

   キラキラした女子を忘れずに母親業にいそしんできた彼女たちは、我が子をもっと光り輝く世界、自分には到底できなかった芸能界入りを目指す。まずは赤ちゃんタレントとしてお声がかかった時に仕事をし、自我が芽生えた頃にはすでに親のエゴで働き始める子供たち。こうやってますます女というジャンダーを意識せざることになる。女親の本能に響くファッションの子供たちは可愛いのだけれど、お盆のこのシーズンは母親も子供も地味な服装で故郷へむかう。さて親の両親、祖父母は何ていうかしら。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中