メガネのドライブスルー本当に便利?車乗ったままフレーム選び、出来上がり20分

印刷

   クルマに乗ったまま何かができるドライブスルーが、いま郊外でどんどん進化しているらしい。「とくダネ!」によれば、調剤薬局のドライブスルーが全国急増中で、質屋、クリーニング、銀行窓口なんてのもあるそうな。

検眼せずデータだけで調整

   メガネのドライブスルーが全国初めて群馬・前橋市で誕生したという。メガネ小売りチェーン「JINS」のお店だそうである。クルマでメガネを買うには、メニューボードでフレームを選び、店員からフレームを受け取り、クルマのなかでチェック。レンズの加工、取り付けなどに最短で20分間かかったあとで、受け取りお会計となる。車内で検眼などはできないので、データなどを持参する必要がある。

   「車から降りなくていいので、買いもののついでに買えて便利」(利用客)らしいのだが、実際にどれくらい利用者がいるのかは不明だ。「店の中で買って、受け取りで利用する人のほうが多い」(田中良幸リポーター)という。

   画期的(?)なメガネのドライブスルーだが、番組コメンテイターで国際ジャーナリストの竹田圭吾は「メガネ(のドライブスルー)なんて、ほとんど必然性を感じないですね」と、むっつり顔で軽くスルー。

   「子供がクルマの中で寝てしまったときなど、ドライブスルーは便利だと思いました」(田中大貴アナ)との声もあった。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中