2018年 7月 20日 (金)

猛暑でおかしくなった?小6女児「イライラして自宅放火」、79歳暴走運転で5人死傷

印刷

   焼けるような暑さの首都圏で12日(2013年8月)、小学6年女児の放火、79歳男性の暴走運転による5人死傷事故など、暑さでおかしくなったような事件が相次いだ。

   午前9時45分ごろ、千葉・我孫子市の木造平屋建て住宅から出火し60平方メートルを全焼した。警察で調べたところ、この家に住む小学6年の女児が火をつけたことを認めたため、現住建造物等放火の非行内容で児童相談所に通告した。女児は「暑くてイライラした。母と暮らすのが嫌だった」と話しているという。

   司会の羽鳥慎一は「暑くてイライラもびっくりですけど、母と暮らすのが嫌で放火というのも」と言って絶句してしまう。舘野晴彦(月刊『ゲーテ』編集長)も「小学6年ですからね~」と言葉が続かない。

「考え事をしていて覚えておらん」

   老人の暴走事故は午後2時45分ごろだった。東京・羽村市の市民プール敷地内で79歳の男性が運転する乗用車が暴走し、プール1階の屋台で働いていた男性(72)が全身を強く打て死亡、子ども2人を含む4人が重軽傷を負った。運転していた男性は誘導員の制止を振り切り、居住者用専用道路に侵入したあと、道路沿いの側溝に脱輪したがそのまま煙を上げながら走り続け、車止めのポールを避けながら蛇行運転して、プールに泳ぎに来た客を次々はねて屋台に突っ込んだ。警察の調べに男性は「考え事をしていて覚えていない」と話しているという。

よくわかりません

   羽鳥慎一「状況が分からないですけど、持病なのか。79歳の年齢が原因なのか……」

   コメンテーターの舞の海(スポーツキャスター)「不思議なのは、車止めのポールを避けているんですよね」

   常識では理解できない事件・事故も異常気象が原因か。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中