米人気司会者オプラ・ウインフリー「黒人差別だ!」高級ブティックで「あなたには買えない高級バッグ」

印刷

   アフリカ系米国人で、長者番付で常に上位で登場する人気女性司会者オプラ・ウインフリーがスイスの高級ブティックで人種差別的扱いを受けたと騒いでいる。ティナ・ターナーの結婚式に参列するため訪れたチューリッヒで、ショーケースに入ったクロコダイルのハンドバッグを見せて欲しいといったところ、店員から「これは高過ぎる。あなたには買えない」と触らせてももらえなかったというのだ。

クロコダイル製の320万円

   バッグは2万5000ユーロ(約320万円)ほどで、女優なども愛用するセレブ御用達のバッグだ。オプラは余程腹が立ったのか、TVインタビューで「人種差別だ」と抗議した。すると、スイスのツーリストオフィスがすっ飛んできて謝罪し、ブティックのオーナーが「誤解があった」と頭を下げた。

   愛用のセレブたちからは「たしかにその店員は鼻持ちならないが、人種差別とまでは言えないのでは」「すっぴんだったというオプラが、人種にかかわらず、ただ貧乏くさく見えただけでは」という声も上がっている。何とも気取ったお客様たちで、こんな連中が愛用しているバッグなんて持つことないんじゃないの。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中