2018年 7月 21日 (土)

四万十の日本最高気温に疑義?観測機器の周辺に芝がない!ルール違反だ…

印刷

   日本一暑い町ダービーは今夏(2013年)、大きく動いた。摂氏41度の日本観測史上最高気温を記録して、文句なしの1位に躍り出たのが高知県の四万十市だ。ところが、「とくダネ!」によると、この気温を観測した江川崎地区に設置されたアメダス(観測所)がネット上で「疑惑」を持たれているのだという。

全国で広く使われている「黒の防草シート」だった

   観測所の写真を見た人が、機器の周囲の芝生がはげているなどと指摘している。観測所の設置条件には、周囲に芝生を30平方メートル以上敷くなどと定められているため、「観測所としてアウト」「記録は取り消されるのが妥当」などといった書き込みがあったという。

   「とくダネ!」取材班はネットのウワサを検証すべく現地にかけつけた。すると、機器の周囲に黒く見えているのは「防草シート」だった。雑草の生育を防ぎ、太陽光の反射も防ぐというので、芝生がわりに敷き詰められている。「全国のアメダス観測所で広く使われており、観測に影響はないとされています」(江川崎観測所)

   また、来月行う予定だった点検をきのう13日(2013年8月)、前倒しして行ったところ、観測所の機器に問題がないこともわかっているという。どうやら無実の罪だったようだ。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中