2018年 7月 22日 (日)

ふなっしー「公式PV」YouTubeに進出!ふな☆ふなトランスで踊ってなっしー

印刷

   一寸先は闇とよく言うが、なにが流行るか、なぜ流行るかよくわからないのがゆるキャラ、ご当地キャラである。この頃、その筆頭格なのが「ふなっしー」である。8月上旬(2013年)の「ご当地キャラ総選挙」で優勝するなどブレイク中のふなっしーは、千葉県の船橋市と船橋の一部で生産されている梨をかけ合わせた名前を持つ梨の妖精なんだそうな。

「かわいいなっしー!」「う…ウケる!!」と再生50万突破

   ご当地キャラは自治体や地元の団体が製作したものが多いが、ふなっしーは個人の自主製作キャラで、船橋市としては「非公認」。デビュー当初はどちらかといえば「泡沫」候補的な存在だったように思われるが、それだけに自由度が高くやりたい放題。甲高い声で語尾に「なっしー」を付けて喋り、「ヒャッハー」などと叫んだり、跳ね回るなどの奇妙な動きを持ち味にして、徐々に知名度をあげ、テレビなどを通じてお茶の間に浸透していった。「梨汁ぶしゃー」という攻撃手段も持っている。

   そんなふなっしーの初の「公式PV」がこのほど動画サイトのYouTube(ユーチューブ)に登場したところ、「総選挙」勝利と前後して再生数を伸ばし、約50万回に記録した。この手の動画としては好調な数字と言えるだろう。

   動画は「2000年に一度のふな☆ふなトランス」なるケータイ用のふなっしーリミックスボイスをバックに、ふなっしーが「踊ってみた」という内容である。ふなっしーを見たことがない人にも、ふなっしーとは何ぞやというのが一目瞭然である。

   視聴者からは「ふなっしー可愛い!!」「かわいいなっしー!」「う…ウケる!!」など好意的なコメントが多数寄せられており、ふなっしーの怪進撃はしばらく続きそうだ(なっしー)。

ボンド柳生

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中