2018年 7月 20日 (金)

済美・安楽智大投手155キロ「甲子園最速」タイ!160キロいつ見られるか

印刷

   今年の甲子園屈指の剛腕、済美(愛媛)の安楽智大投手がきのう14日(2013年8月)の2回戦に登板した。対戦相手は三重(三重)だったが、結果は打ち込まれたものの、相手投手の乱調に助けられての辛勝だった。

   関心の的は甲子園最速記録がでるかどうか。さらに160キロにいくかどうか。この日安楽は155キロを出して、これは過去の甲子園の最速記録、佐藤由規(仙台育英、ヤクルト)と並んだ。しかし、彼は愛媛大会で157㌔を投げている。当然期待がかかるが、これがいかにすごいことか。

ダルビッシュ、田中将大だって高校時代はやっと150キロ前後

   森圭介アナが過去の剛腕投手の甲子園でも最速記録を並べて見た。松坂大輔 151キロ、ダルビッシュ有 149キロ、田中将大 150キロ。いまでこそ150キロ台は当たり前のプロ野球選手だが、甲子園時代はこんなものだったのだ。

凄い高校2年生

   安楽はこの日、1 回に155キロを投げ、その後も150キロ台を連発して7三振を奪った。しかし、初回に2点、最終回は一挙5点を奪われて、ひやりとさせられた。137球で完投、2点差で逃げ切った。いかな剛腕でも、勝たなければ次がない。それが甲子園だ。

   キャスターのテリー伊藤「ちょっと力んでましたね。彼がすごいのは、セットポジションからでも154キロ出せること」

   司会の加藤浩次「それって凄いんですか」

   テリー「凄すぎます。来年あたり160キロ出せる。それだけの力ありますよね。ただ、(きのうは)力み過ぎて、投げるたびに帽子が落ちてた。失点しても勝ったでしょう。すると次の試合では、落ち着いてさらにすごいピッチングができると思いますね」

   加藤「最終回に5点とられたのは疲れでしょうか」

   テリー「力みと両方でしょうね」

大会前に肩甲骨炎症…練習休み明けの初実戦で力み?

   森が解説するところでは、7月27日の愛媛大会のあと、肩甲骨の炎症で練習を休んでいた。先週になってようやく練習を再開して、休み明けの最初の実戦がきのうだったという。「それで力みがあったのかも」

   医師のおおたわ史絵が「肩甲骨の周りの筋や筋肉を使いすぎってことでしょ う」という。

   加藤「それでも155キロ出てる。大会中に160キロが見れるかもしれない」

   テリー「可能性ありますよね。ただ、ここからの2キロというのが…。水泳でも陸上でもそうだし」

   本村健太郎(弁護士)「まだ2年生ですよ」

   どんなに凄くてもまずは勝たないといけない。来年も甲子園に来ないといけない。野球はピッチャーだけじゃないからね。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中