「身動きできないネコ」5か月ぶりに救出作戦!道路脇28メートル崖の途中

印刷

   徳島県の山の中、三好市の道路のコンクリート崖の途中にいたネコが、おととい13日(2013年8月)救出された。崖っぷちといえば、同じ徳島で7年前に、イヌが高さ50メートルのコンクリートの土留めに取り残されるという大騒ぎあった。

役所と消防「ノラネコだから」と動かず

   ネコが身動きできなくなっているのが見つかったのは、実は5か月も前の3月だった。近くに住む87歳の女性が何気なく下を見たら、黒いものが動いていた。何かの拍子に道路から落ちてしまったらしい。道路からは8メートル下がった段の上で、その下は河原まで20メートルも切れ落ちている。幅は30センチほどしかない。雑草が生えていて足場は不安定 だ。

子ネコだったのに…

   住民は役場や消防に救出を依頼したのだが、お役所は「ノラネコだから」と動かず。そこで近所の人たちが水と食べ物をなべなどに入れて毎日3回、 また雨よけのテントみたいなものも釣り降ろしていた。お陰で体長15センチほどの子ネコがいまは40センチと丸々と肥っている。

   しかし、この暑さが心配だと、ついに動物保護団体の手を借りて救出作戦が行われた。まずおととい、捕獲用のカゴにエサを入れて降ろしてみたが、見向きもしない。作戦変更で今度は網作戦。中に入って口が閉まるようになっている。これでようやく捕獲できた。「安心しました。良かった」と第1発見者の女性は笑う。

幅30センチ、長さ5メートルのテラスの上

   司会の加藤浩次「小ちゃいときからいたんでしょ?」

   おおたわ史絵(内科医)「エサをやるから、脱出しなくなったのかなあ」

   テラスの幅は30センチ、長さは5㍍ほど。そこで5か月を過ごしていたのだ。

   キャスターのテリー伊藤「居心地いいよね。マンションに住んでるネコより」

   おおたわ「助けて幸せならいい」

   加藤が「テリーさんは?」と振ったら、テリーは「いや、別に」

   加藤「別に、はないでしょう」

   実は前回、イヌの救出劇のときは、テリーは「まだレスキューこないの?」などとかなり熱くなっていた。

   進行約の森圭介アナが声を張り上げて、「大救出劇が行われたんです」

   しかし、話はネコに戻らない。テリー「あのイヌはどうしちゃったろう」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中