是枝裕和『そして父になる』子供に言われた「また来てね」で痛感!血が繋がっているだけじゃ駄目、一緒にいなきゃ…
<心ゆさぶれ 先輩ROCK YOU>(日本テレビ系)

印刷

   この日のゲストは、映画「そして父になる」でカンヌ映画祭審査員特別賞を受賞した是枝裕和監督と、是枝組で女優として活躍するタレントのYOUだった。カンヌ映画祭で不覚にも泣いてしまった是枝は、実は絶対に泣かないカメラマンが泣いていたから、それを見て泣いてしまったと告白する。YOUに茶化され照れる是枝は、日本を代表する映画監督とは思えぬほどシャイで普通っぽい。
   「ネットで検索して見つけたものではなく、今、自分が日々の暮らしのなかで見えて感じたことを撮る。自分の足元を撮る」と是枝は語る。息子が3歳の時、仕事でなかなか帰れず、たまに帰ってもちっとも懐かず、朝、出掛けるときに「また来てね」と言われた。血が繋がっているから大丈夫と思っていたが、そうではなく、一緒に居なきゃ駄目なんだと思い、そこから「そして父になる」を着想したと話す。これからも「日々、悩んでいることを題材にする」という。
   番組では是枝が演出するとドラマがどう変わるのかを実験して見せる。ある家族の食卓でのシーンを、最初は若手ディレクターが演出し、その後に是枝が演出をつけることで違いを見せた。無駄と思える台詞を削り、食事中だったのを食べ終わったところに変更して、母親が食卓に背を向けて洗い物をしているだけで、なんとなくうまくいっていない家族のギスギスした雰囲気が浮き彫りになった。さすがだ。 「そして父になる」の公開が待ち遠しい。(放送2013年8月17日23時~)

(白蘭)

採点:2
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中