時間かけずにしっかり食べる朝食…たった8分で作る具だくさんスープ

印刷

   朝食は必ずとりましょうといわれるが、出かける前に作ってる時間ないという人が多いだろう。そこで、朝食時短作戦だ。「いそがしい朝食でどう時間短縮するかですが、ちなみに私こうやっています」と有働由美子キャスターが取り出したのは、アルミホイールとラップに包まれた白米の棒状ゴハン。「平べったく凍らせた真ん中にタラコが入っていて、(パクッと食べながら)これなら手も汚れないし、途中で余らせても2度食べられるし。流行らないかなあ、これ」

さまざまな野菜を1センチ角に切って冷凍保存

   具だくさんスープをわずか8分で作るという料理研究家の浜内千波さんのコツは、野菜のあらかじめ下ごしらえしておくことだった。「週に1度の特売日にさまざまな野菜を買ってきて、その日にその場で刻んでおきます。どんな食材も野菜スープ用なら1センチ角が使いやすく、これを冷凍庫で保存しておきます」

   野菜は冷凍庫に入れて2~3時間後に袋ごとシャッフルする。くっついて固まらないようにするためだ。あとは、必要な時に取り出して、直接鍋に投入して調理するだけだ。

   たとえば、「キムチ納豆入り具だくさんスープ」は、人参、キャベツ、長ネギを凍ったまま鍋に入れ、キムチも加えて牛乳で6分煮る。火を止めたあとに醤油でかおり付けし、納豆を入れてかき回して仕上げにゴマを振りかければ完成だ。牛乳にキムチに納豆というミスマッチスープを黒田信哉アナが恐る恐る飲んだ。「いやおいしい。意外に合います」

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中