2018年 7月 19日 (木)

秋田書店「読者プレゼントでインチキ」当選者水増しや架空の賞品

印刷

   「雑誌についてる懸賞――」と司会の小倉智昭が言う。「ハガキを出しても、もともと当たらないのだとしたら、こんなバカらしいことはない」。「とくダネ!」によれば、漫画雑誌「少年チャンピオン」などで知られる秋田書店が読者プレゼントで「大ウソ」をついていた。「ミステリーボニータ」など複数のマンガ雑誌で、当選者数の大幅水増しや架空のプレゼントを(常態的に)行っていたというんである。

当選者発表も有名人の名前組み合わせて偽装

   たとえば、商品券1万円が1名に当たるはずが、じつは当選者なし。ポータブルDVDプレーヤーは2名当選のはずが、1名だけ。ヘアクリップにいたっては、50名のところ3名にしか送っていなかった。雑誌には当選者の「実名」が載っていたが、これは有名人の名字と名前を組み合わせるなどした「オグラ怜」的架空ネームだったという。

昔は映画試写会であった

   「いまは消費者庁が目を光らせてるんで、昔ほどやってないと思いますけど」と、あくまで「昔話」と断りながら小倉が言う。「昔はたとえば映画の試写会、50組100名プレゼントなんていうと、25組ぐらいであとはフニャフニャとか。そういうこともあったかのように聞いておりますけど」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中