2018年 7月 20日 (金)

AKB小林香菜「手足口病にかかっていました。流行に乗ってしまいました」

印刷

   AKB48の小林香菜(22)が「手足口病にかかってました」と8月21日(2013年)にツイッターで明かした。「手足口病」とは口や手足に発疹が出るウイルス性感染症だ。今年だけで18万人以上の患者が出ていて、「流行りに乗ってしまいました」という。

   15日の時点で「初めて肌荒れした。口の周りがヒリヒリ痒い」「ずっと慣れない環境のホテルにいるからかな」などと症状を報告していて、その後「体調不良」を理由に16日、17日のナゴヤドーム公演を休んだ。

   「感染病だったから中々動けずだったけどもう大丈夫」だといい、心配したファンに「みなさんありがとうございます」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中