AKB小林香菜「手足口病にかかっていました。流行に乗ってしまいました」

印刷

   AKB48の小林香菜(22)が「手足口病にかかってました」と8月21日(2013年)にツイッターで明かした。「手足口病」とは口や手足に発疹が出るウイルス性感染症だ。今年だけで18万人以上の患者が出ていて、「流行りに乗ってしまいました」という。

   15日の時点で「初めて肌荒れした。口の周りがヒリヒリ痒い」「ずっと慣れない環境のホテルにいるからかな」などと症状を報告していて、その後「体調不良」を理由に16日、17日のナゴヤドーム公演を休んだ。

   「感染病だったから中々動けずだったけどもう大丈夫」だといい、心配したファンに「みなさんありがとうございます」と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中