藤圭子のジレンマ…素は明るいキャラなのに、歌手として演じ続けた「不幸」

印刷
十五、十六、十七と あたしの人生暗かった…

   人形のようなルックスとはむしろ似合わぬハスキーな声で1970年代を駆け抜けた藤圭子…テレビはきのう22日(2013年8月)から彼女の自殺の話ばっかりだ。きのう午前7時過ぎ、西新宿の路上に倒れている女性が見つかり、間もなく死亡が確認された。高層マンションの13階から飛び降りたと見られ、ベランダにスリッパの片方があり、もう一方は路上にあった。女性はTシャツに短パン姿。あの藤圭子(62)だった。歌手の宇多田ヒカルの母である。

「圭子の夢は夜ひらく」貧しく暗いイメージでブレイク!

   藤は6年前から30代の男性とこのマンションで同居していて、現場の状況から飛び降りたとみられるが、男性は寝ていて知らなかったという。 動機もわからない。

アメリカに行ったのも…

   父は浪曲師、母は盲目の三味線ひきの家庭で貧しい幼少時代を送った。18歳で「新宿の女」(69年)でデビューし、翌年の「圭子の夢は夜ひらく」で日本歌謡大賞受賞、紅白出場を果たした。暗いイメージで売ったが、実際には気配りのある優しさで知られた。

   71年に歌手前川清と結婚したが翌年に離婚。79年に28歳で突如引退するが、30歳で復帰した。82年に音楽プロデューサーの宇多田照實氏と結婚し、翌年に誕生したのがヒカルだ。テレビ局にも赤ちゃんを連れていていったりしていた。宇多田氏とはいったん離婚したが、17日後に復縁なんていうこともあった。離婚、結婚を6 度繰り返している。最近は表舞台から遠ざかっていた。

   キャスターのテリー伊藤は「生い立ちの『不幸』を売りにしていたんですよね。ファンも藤圭子は不幸が似合うといって、それが彼女のジレンマだった。似合うかどうかの切なさがあった。コンサートで彼女が華やかな衣装だったら、マスコミが『違う。昔の衣装で歌ってくれ』と書いたりしたが、失礼だよね。そういうこともあってアメリカに行ったのかな」という。

宇多田ヒカルが売れ始めた時のうれしそうな顔

   芸能リポーターの井上公造は藤が日本にいたことも知らなかったという。それほど関係者とは連絡を絶っていた。同居している男性は内縁関係ではないという。く、藤は宇多田事務所の役員でもあり、自らの収入も05年で1億5000万円くらいはあった。困ってない。ただ、素の藤圭子は明るい人だが、歌手藤圭子はそうであってはいけなかった。

   井上「宇多田さんが売れ始めたときの嬉しそうな顔が忘れられません。最近会った人には、また歌いたいといっていたというが、今年3月に恩師の作詞家石坂まさを氏が亡くなった時、葬式に姿も見せず弔電も花もなかった。その石坂さんの偲ぶ会がきょう(23日)なんです」

   テリー「知ってたかもしれませんね」

   司会の加藤浩次「公の場に姿を見せた最後はいつなんですか」

   井上「2006年に、ニューヨークの空港で麻薬を疑われて現金を差し押さえられたとき、いくつかのテレビのインタビューに答えたのが最後です」

   藤圭子の足跡とまとめたVTRを観たテリーは、「宇多田ヒカルさんの歌みたいなものを歌いたかったのかもしれない」といったが、そうだとしてももう聴けない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中