ゲリラ豪雨で低体温症?ずぶ濡れ子ども危ない!都会でも思わぬ災害

印刷

   多発する落雷とゲリラ豪雨は都市部でも大きな被害が出ている。7月23日(2013年)から8月15日までに、東京都内では約300回の落雷があり、ゲリラ豪雨も昨年と比べ6.5倍になった。先月には木の下で雨宿りをしていた男性3人が落ちた雷のため感電・負傷し、50代の男性が死亡している。都会の豪雨被害からどうやって身を守ればいいのか。

電柱に落雷!離れて歩け

   防災・危機管理ジャーナリストの渡辺実氏はこう警告する。「木の真下で雨宿りをするのは落雷にあう危険が非常に大きい。最低でも木から4メートルは離れて下さい。電柱の側を通るのも危険です。普通の道でも電柱から離れて歩いて下さい」

どうしたらいいの

   岡安弥生リポーターは「住宅街の坂の下、窪地などにも危険が潜んでいるようです」という。窪地などは水が溜まりやすく、ゲリラ豪雨ではあっという間に冠水するからだ。

   司会のみのもんた「冠水して道路がどうなっているのかがわからないときはどうすればいいのかな」

   渡辺氏「冠水した道を歩くときは、傘が手元にあれば、それを杖のように使い、自分が進む方向に異常がないかを確かめながら歩いて下さい。自転車に乗っていたら、降りて前輪で確かめながら、ベビーカーを押していたら、お子さんは背負って、ベビーカーを押しながら進んで下さい」

冷え切った体で熱い風呂…血圧急上昇で脳梗塞や脳溢血

   岡安「自宅が近くなると、急いで帰ろうとしてずぶ濡れになりながら走ってる人をよく見かけますが、ここにも低体温症という危険が潜んでいます」

   世田谷井上病院の井上毅理事長(医師)は「ずぶ濡れになると体温が奪われます。とくに、お子さんは大人よりも身体の面積が少ないので低体温症になりやすく、注意が必要です」と語る。そして、「乾いた服にできるだけ早く着替えること。身体が冷えたからといって、急に熱いお風呂には入らないこと。熱いお風呂に突然はいると、血圧が急上昇して脳梗塞や脳溢血などが起こりやすいようです。温めのお湯で身体を温めることが大切だということです」(岡安)

   今週も各地でゲリラ豪雨が発生しそうだ。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中