2018年 7月 18日 (水)

大島美幸「24時間マラソン」2度止めようと思った…焼肉食べたい!

印刷

   24時間テレビでチャリティーマラソンを走った森三中の大島美幸(33)は、きのう25日(2013年8月)放送時間内にゴールできなかった。大島が走った距離は88キロ。これは出演が決まった5月の段階で大島の体重が88.4キロだったからで、その後減量に励み、おととい午後7時スタート前の計量では71.7キロになっていた。なんと16.7キロもの減量に成功していた。5月からのトレーニングとダイエットの成果だ。

残り2キロで番組終了!「「ちょっと遅れてしまってすいません」

   かくてスタートしたのだが、そこがどこなのかはわからない。明らかにすると人が集まると懸念してのことだろうが、終わってからも明かさない。 大島がどこを走ったのかは一切わからない。アホか。

5月から日本中が注視

   10キロの地点から雨が降り始めた。レインコートで走るが、ひざが痛いと訴え始めた。これは練習のときからあったというが、7時間半でしばらく歩きになった。日付が変わっても雨は止まない。13時間後、残り43キロでおかゆ。ソフトクリームに「甘いものは4か月ぶり」

   午後1時に雨が止んだ。午後4時の休憩所からは残り18キロだが、しばしばしゃがみこむ。午後7時過ぎ、あと7キロ。ひざが限界らしい。放送終了時間の午後8時54分まで24分の時点でまだ3キロあって、時間内に間に合わず、残り2キロだった。

   ゴールの武道館では司会の嵐がそのまま待った。そして午後9時すぎ、ようやく着いた。泣きべそをかいていたのが、帽子を取ってあいさつをしてゆっくりゴールした。それほど消耗しているとも思えない顔。「ちょっと遅れてしまってすいません」

減量成功に加え、涼しかった天候が幸い

   最後は台車に乗せられたままの会見して、「焼き肉が食べたい」「涙はうれし涙。武道館が見えたから」「マラソンは人生のようだ」。2度止めたいと思ったそうだ。「朝の6時と夜の6時」。いや走り切ったのだからたいしたもんだ。

   司会の加藤浩次は今週夏休みで、森圭介アナが代役だった。キャスターのテリー伊藤が「5月から日本中が見ているんだから、すごいプレッシャーだったと思う」

   昨年走ったはるな愛(タレント)「普段から顔に出さない人だから」

   テリー「これまで40キロ以上走ったことなかったんでしょう」

   中山美香レポーター「合宿のとき2日間で44キロ」

   テリー「45キロからは未知だもんね」

   減量の成功、気温が低くなった幸運もあったらしい。日テレはさらに大島の減量への挑戦から何から、すべて今夜9時からスペシャル番組をやるそうだ。これもしぶとい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中