「高校授業料無料」世帯年収910万円以下に制限!100円多くても対象外?

印刷

   「私、このニュース非常に気になってるんです」と司会の小倉智昭が言う。この頃の番組オープニングは、短いニュースをいくつか並べて、ぽんぽんとテンポを出しているが、けさ28日(2013年8月)の小倉はかつてのフリートークをかすかに思いださせる長さで、「教育とカネ」について語った。カネの話はともかく、いくつかの選択肢から「教育」をあえて取り上げてモノ申すのは、少々、特筆に値するかもしれない。

余る490億円で低所得層の私立就学支援金増額、返済不要の奨学金創設

   現在、公立高校の授業料は無料、私立高校は就学支援金として12万円が出ている。これに世帯年収910万円以下という制限を設けることになりそうだという。余ったお金で490億円の財源を捻出し、低所得層の私立就学支援金の増額、返済不要の奨学金を創設するという。

tv182350_pho01.jpg

   この改変に、小倉は「高校の義務教育化というような当初の理念からずれてくる。それに(一律で)910万円で切ってしまったら、たった100円の違いで支援金がもらえなくなる人がでるのもどうなのか。子供の教育に対して所得を考えるのは矛盾がある」と難色を示した。

   その一方で、「財政困難な日本だから仕方がないんでしょうか」と、いつも視点の疑問も投げかけていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中