ショボかった「イプシロン弁当」町あげてのお祭り騒ぎ発射中止で拍子抜け

印刷

   国産新型ロケット「イプシロン」の打ち上げが、発射予定のきのう27日午後1時45分(2013年8月)の19秒前に中止になった。現地の鹿児島・肝付町、東京・日本科学未来館のパブリックビューイング、ネットウォッチャーなど全国5万人から失望のため息がもれた。

   こうなると、ニュースと違ってTVのワイドショーは大変だ。「スッキリ!!」も秒読みの「3、2、1、ゼロ」となったあとの「……」からはじまった。「えっ、飛ばないの」。2分後に「問題が生じたので、本日の打ち上げは中止します」というアナウンスが流れ、「がっかり」「悲しい」と涙ぐむ子もいる。近くのキャンピングカーの中には、東京から来た家族もいた。

鹿児島名産・黒豚使った自信作だったが…

   内之浦宇宙空間観測所の打ち上げ地点周辺には6か所の会場が用意され、1万5000人が集まった。発射台が見える宮原は27倍という抽選になった。内之浦漁港には続々と観光バスが到着し、テントもある。パブリックビューイングのスクリーンもあって、発射の模様はこれで見て、あとろから本物が空へ上っていくという寸法だ。

ソーセージでロケット

   早朝からの強い日差しの中を大勢が待ったが、小学生が1人、「飛ぶかどうか心配」というのが言っていたのが皮肉だった。町中がお祭り騒ぎで、長い行列は何かと思ったら、町観光協会が作ったイプシロンの関連グッズだった。町特産の黒豚などを使った弁当「イプシロンの里」はたちまち完売。わざわざ写してみせたが、生姜焼きが1枚ペロンとご飯の上に乗っかっているだけの弁当だ。食べてる見物客も「ロケットの形した玉子焼とかが入っているのかなと思ったんですけどね」

   発射中止だけでなく、弁当にもがっかりだろう。

早ければ今週の天気のいい日に発射

   イプシロンは小型化とコスト削減が売りで、これまでのH2Aに比べると長さは半分以下の24.4メートル、人工知能搭載で点検作業員も削減できる。管制官も従来 の100人からわずか数人になった。打ち上げ費用も100億円から38億円だ。欧米との競争で大きくリードできる。

   でも、飛ばないのでは仕方がない。原因はまだよくわからないが、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の会見では、コンピューターが機体の異常な傾きを検知 し、カウントダウンを自動停止したという。機体には異常は見つかっていないない。

   ジャイロのセンサーは「異常なし」とロケットのコンピューターに伝えていたが、発射19秒前に管制側のコンピューターに「異常」が伝わったという。

   キャスターのテリー伊藤「残念ですが、科学に失敗はつきもの。爆発したんじゃない」

   現地で取材していた大竹真レポーター「時間がずれるけど、きょう飛ぶんでしょというのが失望に変わってしまった。点検には2日かかるといいます」

   テリー「今週中もあり?」

   大竹「なくはない。最初の予定が22日、それが延びてきのう。天気がよかったんで、みんな絶対飛ぶと思ってた」

   それよりテリーは「あの弁当ね、もうちょっと工夫してほしかった。ソーセージを使ってロケットらしくつくるとか」(大笑い)

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中