夏休みの絵日記飾るはずだったイプシロン発射!「飛ばんけ~」子供たちもため息

印刷
「5、4、3、2、1、ゼロ…アレ?」
「飛ばんけ~」

   岡山県の生涯学習センターでカウントダウンをしていた子どもたちからため息が漏れた。発射場のある鹿児島肝付町では、目の前の発射台でじっとしているイプシロンに「ウソ~」「信じられない」

   惑星観測衛星「スプリントA」を搭載して、27日午後1時45分(2013年8月)に発射予定だった最新鋭国産ロケット「イプシロン」が、発射19秒前に姿勢異常を検知して打ち上げを自動停止した。

機体にはまったく異常なし!まあ、初めてのことなんだし…

   イプシロンは12年ぶりに作られた国産新型ロケットで、これまでの国産主力ロケット「H2A」は製作に100億円かかったが、低コストの38億円で完成させた。人工知能で打ち上げ前の点検を自動的に行ない、IT技術を駆使して理論的にはパソコン1台で打ち上げが可能という。

tv182355_pho01.jpg

   前日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の森田泰弘プロジェクトリーダーは「絶対成功間違いなしの強い気持、自信を持って堂々と打ち上げに望みたい」と語っていた。その森田氏、打ち上げ延期のあとに「はっきり断言はできませんが、機体には全く異常はないと考えています。ロケットは傾いてないし、ロケットセンサーにも異常はなかった」と語った。

   JAXAによると、「打ち上げ20秒前にコンピュータが起動し、傾きに関するデータを地上のコンピュータに送信したが、その数値があらかじめ設定していた基準と違ったために異常と判断した可能性がある」という。

早ければ明後日30日に再トライ

   サッカー解説者の松木安太郎「子どもたちは友だち皆に言っていたんでしょうね、『オレ見に行くんだぞう』って」

   司会の羽鳥慎一「夏休み中に何とかなりませんかねえ」

   現地を取材していた黒宮千香子リポーターは「(JAXAは)機体の異常はないので早ければ明後日30日にも打ち上げができるといっています」と伝えた。

   さて、こどもたちの当面の課題である夏休み宿題の絵日記、最後のページを飾れるか、きわどいところ。まあ、予定通りいかないのが世の中ということのほうが大切な勉強じゃないのかな。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中