ダルビッシュ、高校時代の悪態9年ぶりに説明「メディアに言ったんじゃない。キャッチボールの相手」

印刷

   ダルビッシュ有(27)が高校時代の「誤解」を8月29日(2013年)に9年ぶりに説明した。04年11月、当時東北高校に通っていたダルビッシュはドラフトの「目玉」だったため、自主トレーニングにも報道陣が押し寄せた。写真撮影を自粛するよう求めたが、フラッシュがやまなかったため「やめてくださいよ!殺すぞ。ムカつくんじゃ!」と威嚇したとスポーツ紙に報じられた。

   それから9年がたち、29日にツイッターで「あれはキャッチボール相手がいきなり変化球投げてきたから怒ったらカメラマンに言った事になりました(笑)」と説明した。報道陣へ向けた言葉でなく、しかも「そこまで汚い言葉使ってもないし」と苦笑いしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中