宮崎駿監督が引退!また同じ時代が来た…「風立ちぬ」すべての思い凝縮

印刷

   アニメ映画の宮崎駿監督(72)が引退する。5年ぶりの新作「風立ちぬ」がコンペティション部門にノミネートされているベナチア国際映画祭できのう1日(2013年9月)、スタジオジブリの星野康二社長が明らかにした。監督は映画祭に出席しておらず、6日の金曜日に引退の真意を語る。

「自分の作った映画で泣いたのは初めてです」

   「風立ちぬ」は零戦の設計者で知られる堀越二郎氏をモデルに、関東大震災から戦争へと進む激動の時代を描いている。実在の人物を登場させたのは、宮崎アニメでは初めてで、その製作の意図を宮崎監督は7月にこう話していた。

tv182682_pho01.jpg
「また同じ時代が来たから。まさに同じ時代だと思う。みんな不安だ、不安だとはやりのようにいってるけど、不安なんて、20世紀にさんざん思って『ナウシカ』を作った。いまさらね」「いま必要なのは世界はどこへ行くのかっていうもっと大きな視野だと思う」「『風立ちぬ』は精一杯生きた人たちがいたことを描いた。力を尽くして生きてほしいというメッセージです」

   6月19日に行われた試写会で、「恥ずかしいんですけど、自分の作った映画で泣いたのは初めてです」と話した。珍しいことだった。「これが最後」という思いだったのかもしれない。

   「風立ちぬ」は日本時間のけさ4時頃、ベナチア映画祭で上映された。コンペの結果は8日の未明に発表される。

もらしていた「感性で作れるのは10年間」

   司会の加藤浩次「残念ですが、引退をいうのは珍しい」

   勝谷誠彦(コラムニスト)「普通は自然にフェードアウトするものだけど、6月頃に『自分の遺言だ』といっていた。でも、僕は100%は信じてない。いつかまた作るんじゃないかと」

   加藤「もう終わりといいながら、何作も撮ってきましたから」

   キャスターのテリー伊藤「経験で作るのと感性で作るのとがある。経験はともかく、感性はエネルギーが要るし、もしかしたら無理かなと思ったのかもしれませんね」

   勝谷「僕には感性で作れるのは10年間だといっていました」

   加藤「宮崎作品は他に似たものがありませんよね」

   テリー「これからどんな生き方をするかに注目したい」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中