世界柔道「女子団体」やっと金メダル!全柔連不祥事の影響?男女とも成績不調

印刷

   司会の加藤浩次が「嬉しいニュースが入ってきました」と伝えたのが、柔道世界選手権の団体で、日本女子の金メダル獲得だった。個人では1991年のバルセロナ以来という金メダルなしに終わっていただけに、最後に意地を見せた意味は大きい。

個人女子では金メダルなし

   この大会では、男子は軽量級で金メダルが続いたが女子は不調だった。31日(2013年8月)の78キロ超級も、「最後のとりで」と期待された田知本愛が銅メダルに終わった。

tv182683_pho01.jpg

   しかし、最終日のきのう1日に行われた団体戦では、1回戦、2回戦、準決勝とも5-0という快進撃だった。団体戦は5人で勝ち負けを競うトーナメント。決勝は開催国のブラジルとあたり、3-2で勝った。かろうじて意地を見せたとい うわけだ。

   加藤「個人戦では勝てない。オリンピックには団体戦はないですからね」

   勝谷誠彦(コラムニスト)「柔道連盟のごたごたはこの女子の問題からはじまったので、ホントに意地を見せた」

ルール変更で日本不利に

   男子の方も軽量級で金メダルが続いたあとは鳴かず飛ばず。団体戦も2回戦でウズベキスタンに敗れた。結局、今大会の結果は、男子が金3個、銅1個、女子は銀1個、銅2個だった。

   キャスターのテリー伊藤「ずっと見ていたが、今回ルールが変わったんですよね。重量級は他の格闘技からの転向が多い。いろんな要素が入ってくる新ルールは日本に不利なんです。日本も柔道と並行して他の格闘技もやらないとダメ」

   加藤「日本のパターンではダメですかね」

   テリー「だと思いますねぇ。柔道連盟も分かってると思う」

   勝谷「講道館柔道だからね、保守的」

   テリー「それじゃあ勝てないですよね」

   加藤「女子は団体で金メダル」

   決勝までは5人が全勝できているということは、レベルがそろっているともいえるが、突出した力がないと個人では勝てない。この悩みは深い。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中