2018年 7月 16日 (月)

貞子 クールシェア推進で石原環境相に「きっと来~る」わかるかなあ、このダジャレ

印刷

   最近のワイドショーではゆるキャラブームが続いているが、ホラーなキャラクター「貞子」も活躍中のようだ。公開中の最新出演作「貞子3D2」の宣伝のためかなんだか、住み処のテレビを離れてあちらこちらに出没し、「西武ドームで始球式をやっていた」(番組司会の小倉智昭)との情報もあり、ゆるキャラなみの露出を稼いでいるようだ。

背筋も凍るホラー映画で涼しくなって…

   この夏、貞子は環境省と組んで「クールシェア」も推進していたという。貞子の顔が隠れる長髪と白装束は暑苦しく見苦しい印象だが、なにしろ背筋も凍る映画のキャラクターなので、貞子映画を観ればきっとクールになれるはずなんだそうな。そんなご縁で貞子はきのう2日(2013年9月)、環境省を訪問して石原環境相と会見した。

見事な宣伝

   その模様を見て、映画好きの笠井信輔アナが言う。「クールシェアというのは、『きっと来~る』という(貞子)映画の歌にかけている。これ、(映画の)宣伝マンは表彰されます。見事な宣伝だ。普通、不可能ですから」

   しかし、小倉は「ボクは環境省に貞子を呼ぶという考え方、行為そのものがホラーだと思います」と、寒いギャグを聞かされたというふうであったが、「まあおもしろいからね」とつけ加えていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中