柔道に暴力つきもの?強豪・天理大で繰り返し後輩暴行!全柔連不祥事の真っ最中

印刷

   柔道の「暴力根絶」ははたして実現可能なのだろうか。この度は柔道の強豪、天理大学の柔道部で、問題の根深さを痛感させるような暴力行為が明るみに出た。

   「柔道の暴力が問題になってるなかでこういうことが起きていた」(小倉智昭キャスター)ことは、ワイドショーでも大いなる驚きを持って迎えられた。

主将は世界柔道金メダルの大野将平「止められず申し訳ない」

   天理大柔道部で5月(2013年)に複数の4年生部員が複数の1年生部員を平手打ちする暴力が発生した。その際、Aさんは鼓膜が破れる被害を受けた。制裁理由は、1年生が練習中に水を飲むなど態度がよろしくなかったことだという。

   その場には、先の柔道世界選手権で優勝した主将の大野将平もいた。もっとも暴力行為には参加せず、「とめられなかったことが申し訳ない」と話しているという。

   Aさんへの暴力はその後もとまらず、平手打ちや竹刀による暴行が少なくとも2回加えられ、Aさんは7月に退部した。

   天理大柔道部部長はAさんが退部した時点で暴力行為などを把握したというが、大学当局側から問い合わせがあるまで報告していなかった。また、全日本柔道連盟にも伝えないまま、アンチ暴力を掲げた全柔連新体制で理事に就任していたという。

   どうやら柔道から暴力を取り除こうとすると、柔道ごとなくなりかねないようだ。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中