前田敦子ちょっとふっくら…NHK新ドラマで初の時代劇挑戦「八百屋お七」

印刷

    元AKBメンバーで女優の前田敦子(22)も出席して、4日(2013年9月)にNHKの新ドラマ「あさきゆめみし~八百屋お七異聞」(9月19日スタート木曜よる8時)のPR会見が行われた。黄色のワンピースで現れたあっちゃんは、二の腕とほほのあたりが以前と比べるとふっくらした印象だったが、相変わらずの美脚だ。

   ドラマは江戸時代前期、恋い焦がれる男に会うために放火事件を起こし、火あぶりの刑に処せられたとされる八百屋お七の悲恋物語だ。ただ、脚本のジェームス三木は放火は男を守るための冤罪だったという設定にしたという。お七を演じるあっちゃんには、初めての時代劇だ。「1話を見て、自分の演技が初々しかった。私自身、お七と一緒に成長していると思います」と語った。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中