渡辺直美「ピカルの定理が最終回。『どうすれば楽しくできるか』考えすぎて辛かった」

印刷

   コント番組「ピカルの定理」(フジテレビ系)が9月4日(2013年)に最終回となり、出演していた渡辺直美(25)が「3年間ありがとうございました!!」と話している。番組開始半年のときに「途中参加」した渡辺は、「私はコント番組に入りたくて芸人になりました!その夢が奇跡的に叶って嬉しかった」という。

   夢がかなった反面、「ピカルはとても辛かった」という。「一度も満足した事がありません。毎日反省ばっかりで、収録で楽しかった思い出がありません」とも言い、「どうすればみんなが楽しく見てくれるかを考え過ぎて自分は楽しく出来てなかった」ことが最大の反省だと語る。

   しかし環境には恵まれ、「メンバーのみなさん、スタッフさん、ファンのみなさんに沢山助けられて頑張ってこれました。これからは、新たな夢のために頑張ります」「これからもピカルメンバーの応援宜しくお願い致します」と話す。「こういう堅い内容苦手なんだよね」「うまく伝わってる?」と笑っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中