「検索中毒」増えてるの?四六時中スマホ握りしめて調べずにはいられない!

印刷

   ケータイ・スマホでなんでもかんでも写真を撮って、ネットで公開する非常識な行為がワイドショーで脚光を浴びて久しいが、けさ5日(2013年9月)はちょっとバリエーションな非常識がお目見えした。スマホでなんでもかんでも検索して調べる「検索中毒」である。

桃狩りでも採るより「食べごろチェック」「害虫調べ」に夢中なお父さん

   「とくダネ!」がお邪魔したお家のご主人は、家の中でも常にスマホを携帯し、何くれとなく検索して回る。妻はそんな夫に「そんなに調べてくれなくてもいいのに」と困惑顔だ。この一家が桃狩り旅行に出かけたれば、さあ大変。桃の木に群がる家族を尻目に、お父さんは一人、スマホを握りしめ、検索に夢中だったという。

旅の思い出は?

   何を調べているのかというと、たとえば桃狩りのベストな時期を検索。もしかしたら、桃の木を自分の庭で育てられるのではないかと思いつくと、桃の木の育て方やら「桃の木 害虫」も検索せずにはいられなかった。

   貴重なリアル体験よりも、検索に夢中になってる非常識検索お父さんを、司会の小倉智昭は「この旅で、子供はお父さんは検索してる思い出しかないと思うよ」と皮肉っていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中