「五輪開催地」マドリード頭一つ先行?あす夜のアベノスピーチでひっくり返せるか

印刷

   2020年の東京五輪招致も大詰め。ちょっと前までは日本の優勢が伝えられていたが、福島第一原発の汚染水問題などが響いているのか、「接戦」模様になってきた。けさ6日(2013年9月)の「とくダネ!」の票読みは、スペイン・マドリードに少々後れを取っているかもしれない状況だという。

海外メディアの関心は福島原発汚染水ダダ漏れ

   五輪通の小倉智昭キャスターも「海外のメディアも(原発)汚染水問題は大きく報道している。その影響は出てるんだろう」と懸念する。「とくダネ!」によると、日本勝利の鍵を握るのは「安倍総理のパフォーマンス」であるらしい。

影響出てる
「ソチ五輪(決定)のときには、(プーチン)大統領の最後のスピーチで大逆転したという話もあります」(笠井信輔アナ)

   日本時間のあす夜に行われる「最終プレゼン」に安倍総理が登場し、ここで東京五輪はオールジャパンの政府完全バックアップ体制五輪であって、もろもろ安心安全なことなどを強くアピールする。このアベノスピーチが日本の勝利を引き寄せる―という段取りのようである。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中