「主婦向けポルノ」映画化…主役女優じつは大物俳優夫婦の娘だった!

印刷

   「主婦向けポルノ」「ハーレクインエロス」といわれ、女性層に大ウケの官能小説「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」の映画版の主役2人が決まった。若きビリオネアのグレイ役は英国人俳優チャーリー・ハナム、グレイの性の奴隷となるロシア系美女アナスタシア役にダコタ・ジョンソンというのだが、知らない人は知らない。

ドン・ジョンソン、メラニー・グリフィス両親の持つセレブ2世

   ほとんど全編がSM絡みのセックスシーンということもあり、大物俳優が二の足を踏んだ結果らしいのだが、誰が演じるのか楽しみにしていた向きの反応も複雑だ。「ダコタ? 何者だよ」といった声がネット上にあふれた。ダコタ・ジョンソンは人気テレビドラマ「マイアミバイス」のドン・ジョンソンと女優メラニー・グリフィスの娘で、実は大物セレブ2世だったのだ。

   チャーリー・ハナムは「サン・オブ・アナーキー」のセックスシーンが評判のセクシーで演技力も備えた俳優だ。ネットアンケートでも、60%が彼のグレイ役に満足と答えている。セックスがウリの役だが、これを踏み台にスターダムに乗れるか…。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中