安倍首相の大見得「福島原発はコントロール」に東電違和感「そこまではっきりとは…」

印刷
「ウソばっかりついて。だって、現に(汚染水)が流れてんだもん」
「ああ、言っちゃったっていう感じ。できるんでしょうか」

   福島県民から憤りや疑問の声が上がっている。安倍晋三首相が五輪招致の最終プレゼンで、東電福島原発の汚染水について「状況はコントロールされていると私が保証します」と発言したことに関してだ。首相のこの演説がIOC委員たちの不安を払拭し、東京決定の決め手になったといわれるだけに、汚染水漏れの影響に苦しむ地元の人たちは複雑な気持ちだ。

汚濁拡散防止フェンスあっても湾外に汚染水流出

   安倍は質疑の中で「汚染水の影響は港湾内の0.3平方キロメートルの範囲内で完全にブロックされている」と数字を上げて説明、健康問題については「今までも現在も将来もまったく問題ない」と断言し、「抜本解決に向けたプログラムを私が責任をもって決定し、すでに着手している」と胸を張った。

復興後回し心配

   コントロールしているという根拠について、菅義偉官房長官はきのう9日(2013年9月)、「汚染水が漏れたといわれる湾内にシルトフェンス(汚濁拡散防止フェンス)を設けて外に出ないようにしている。フェンス内においても基準値以下になっているし、湾内では検出できないくらいの値以下しか出ていないということでだから、コントロールしているということは、ある意味当然のことではないか」と述べた。

   だが、東京電力はきのうの会見で「(シルトフェンスがあっても)完全に海水の行き来がゼロになるかというと、必ずしもそう思っていない。(コントロールされているかどうかについては)私どもとしては、この状況を1日も早く安定した状況に持っていきたい」と語り、現状でのコントロールについて首相ほどはっきり明言しなかった。また、新たに掘った井戸の地下水から過去最高の1リットル当たり3200ベクレルの放射性物質が検出されたことも発表した。漏れた汚染水が地下水に達した可能性があるとみて調べている。

地元・福島にも同じことが言えるのか

   2度目の夏休みのみのもんたに代わって司会を務めるアナウンサーの井上貴博がコメンテーターに聞く。「安倍総理は現状について、状況はコントロールされていると発言しました。この発言が招致の決め手になったといわれています。いかがでしょうか」

   杉尾秀哉(TBS解説・専門記者室長)は「一国のリーダーが世界に向けて覚悟を示したことは良かったと思う。ただ、地元の方がおっしゃっている違和感ですよね。本当に完全にコントロールできていたら、次から次に予期しないことは起きない。福島の当事者の気持ちはよくわかります」と話す。

   三屋裕子(スポーツ・プロデューサー)「オリンピックは大歓迎なんですけど、五輪のために復興が後回しになってはいけない。みんなが喜ぶ五輪にするために、福島の問題はきちんと丁寧に考えてほしいと思います」

   潟永秀一郎(『サンデー毎日』編集長)は「前向きにとらえれば、責任をもってやると言ったんだから、これは国際公約です。実行してもらわねばなりませんが、地元の方々が心配されているのだから、安倍さんは地元の皆さんにも同じことをきちんと伝えるべきです」という。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中