トルコ・カッパドキア観光の日本人女子大生2人襲われ死傷!男につけられてた…

印刷

   トルコの有名な観光地であるカッパドキアで9日(2013年9月)、日本人の女子大学生2人が何者かに襲われた。1人が死亡し、もう1人は重体か、あるいは(現在は回復して)命に別状はないという。

「とくダネ!」がトルコ在住のコーディネーターに聞いたところでは、2人は自転車で観光

   していて男に後を付けられ、刃物で刺されたものと見られ、現場にはナイフが落ちていたと、現地のメディアは伝えているという。犯人は逃走中のようだ。

オリンピック開催でイスタンブール敗退と関係あり?

まったく関係ない

   「とくダネ!」の関心はもっぱらこの犯行がオリンピックの開催地決定と関係あるのかないのかだった。トルコのイスタンブールはつい先日まで、2020年の五輪開催を東京と争った間柄だ。この点については、「これ、オリンピックの開催地問題とはまったく関係ないように思うんですね。トルコには親日家が多いですし」(司会の小倉智昭)ということだった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中