英アンドルー王子バッキンガム宮殿で職質!散歩してたら警官から不審者扱い

印刷

   英国王室はこの頃の日本のワイドショーでは準レギュラー格の人気を博しているが、けさ10日(2013年9月)の「モーニングバード!」ではチャールズ皇太子の弟アンドルー王子がこのほど遭遇した出来事が話題となった。王子がバッキンガム宮殿で日課の夕方の散歩をしていたところ、2人の制服警察官にとがめられ、銃を突きつけられた上、手をあげて地面に伏せろなどと命令されたというのである。

警護担当なのに顔知らなかった?

クビだね

   要するに、王子は自分の庭で、自分たちを警護すべき警官から不審者、侵入者と間違えられてしまったというわけだ。そう聞いて、「王子の顔を警護の人間が知らなかったのか」と司会の小倉智昭もあきれ顔。「バッキンガム宮殿でアンドルー王子を見かけたら、私でもわかりますよ」と自信を見せると、「馬鹿なヤツ(警官)がいたもんだ。おそらくクビでしょう」と楽しそうに予言していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中