ホームラン日本記録更新間もなく!バレンティン「王貞治の55本抜き」あと2本

印刷

   プロ野球の伝説記録であるシーズン最多本塁打―1964年に王貞治選手が放った55本のホームランが塗り替えられそうだ。2001年のタフィ・ローズ、2002年のアレックス・カブレラが王の記録に並んだが、越える者は約半世紀いなかったのである。

   しかし、東京ヤクルトスワローズのウラディミール・バレンティンがきのう11日(2013年9月)、54本目のホームランを打ち、記録更新まであと2本と迫った。

残り23試合…何本までいくか!?

「すごいチカラです。バレンティンてのは」
もう間違いない

   野球通の小倉智昭キャスターも感嘆すると同時に、記録更新に太鼓判を押した。「121試合で54本でしょ。残り23試合ありますから、王さんの55本を抜くのは確実でしょう。何本までいくのか」

   かつては「王さんの記録を守ろう」的な動きもあったようだが、さすがに10~20試合敬遠の珍記録の達成は困難と思われる。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中