浜口京子「東京五輪とレスリング存続決定。ほっとしたと同時に嬉しいです!」

印刷

   2020年の東京五輪でレスリングが正式競技として残り、浜口京子選手(35)が9月11日(12年)のブログで喜んでいる。8日の国際オリンピック委員会(IOC)総会で、レスリング、野球・ソフトボール、スカッシュの3候補から「レスリング」が選ばれたが、東京開催とレスリング存続の両方に「本当にほっとしています。そして嬉しいです!」という。「皆様にはレスリングの署名活動にも御協力して戴き誠にありがとうございました」とあいさつした。

   浜口も20年には42歳だ。現役続行よりも後継育成を考えているのか、「レスリングの歴史がいつまでも刻み込まれる事を心から願っております」と、今後の身の振り方にはふれず「今後ともどうぞ温かい御声援を宜しくお願い申し上げます」と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中