2018年 7月 20日 (金)

浜口京子「東京五輪とレスリング存続決定。ほっとしたと同時に嬉しいです!」

印刷

   2020年の東京五輪でレスリングが正式競技として残り、浜口京子選手(35)が9月11日(12年)のブログで喜んでいる。8日の国際オリンピック委員会(IOC)総会で、レスリング、野球・ソフトボール、スカッシュの3候補から「レスリング」が選ばれたが、東京開催とレスリング存続の両方に「本当にほっとしています。そして嬉しいです!」という。「皆様にはレスリングの署名活動にも御協力して戴き誠にありがとうございました」とあいさつした。

   浜口も20年には42歳だ。現役続行よりも後継育成を考えているのか、「レスリングの歴史がいつまでも刻み込まれる事を心から願っております」と、今後の身の振り方にはふれず「今後ともどうぞ温かい御声援を宜しくお願い申し上げます」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中