37・7度の部屋に1歳児放置!熱中症死で22歳母親逮捕…児相また防げず

印刷

   今年8月(2013年)、猛暑日に1歳8か月の長女を自宅に寝かせたままにし、熱中症で死亡させたとしてさいたま市に住むアルバイト店員・石塚香織容疑者(22歳)が逮捕された。8月10日から翌日まで長女を自宅のエアコンのない部屋に放置していた。

夕方からカラオケ店・飲食店アルバイトで翌朝帰宅

   山元香里リポーター「8月10日のさいたま市の最高気温は37.7度。自宅のアパートの室内は締め切っていたためもっと暑かったと思われます。石塚容疑者はこの日、夕方からカラオケ店のアルバイトに出かけ、その後は飲食店のアルバイトをして、自宅に戻ったのは11日の早朝でした」

   倒れていた幼児の近くには子供用のジュースが入っていたペットボトル2本とパンがあった。近所の中年男性は「子供の泣き声が何度も聞こえた。でもそのうちに聞こえなくなり、親が戻ってきたのかと思った」と話す。「彼女は夕方になると出かけていました。帰ってくるのは夜の12時前後か、もっと遅い時間。その間、お子さんはどうしているのだろうと思っていました」と住人は語る。

   実は事件が起きる前に児童相談所に「子供への虐待が行われているのでは」という通報があった。相談センターの担当者は「自宅を訪問して事情を聞きました。でも、明確なネグレクトが行われているという確証を得ることができず、戻りました」と話す。石塚が自分のブログに「部屋が暑くてへたりそう」と書き込んでいたこともわかった。

警察から児童相談所へ「虐待通報」1年1万件以上

   司会の井上貴博アナ「蒸し暑い閉め切った部屋に幼い子を半日以上も放置すればどうなるか。母親としてわからなかったのかな」

   山元は10061人と書かれたフリップを示し、「警察庁のまとめでは、今年6月までに全国の警察から児童相談所に虐待の疑いがあると通告した子供たちの数です。このうち6割以上が心理的虐待を受けていた疑いがあるとされています」と説明した。

   「これは明らかにネグレクトです。育児というのは親だけに任せるものではなく、何か変だと感じたら隣近所が声を掛け合い子供を守り地域で育てるのが理想です。それが今回は上手く機能しなかったのでしょう」と児童虐待に詳しい磯谷文明弁護士はいう。

文   ナオジン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中