「炎暑の東京五輪マラソン」ランナーも見物人も命がけ!米TVの都合で開催時期決定

印刷

   2020年東京オリンピックは7月24日~8月9日、パラリンピックは8月25日~9月6日だ。『灼熱のオリンピック』というわけだが、気象の専門家によると、温暖化の影響で異常気象は続き、夏は今後ますます暑くなるという。そんな猛暑の炎天下でマラソンに影響はないのか。スポーツ医学の専門家からは「命を落とすランナーがいるかもしれない」という声があがっている。

女子8月2日、男子8月9日。40度以上の炎天下のレースで死人が出る

   マラソンのコースは新オリンピックスタジアム(現在の国立競技場)をスタートし、東京ドーム-皇居-日比谷公園-銀座-東京駅-秋葉原-浅草で折り返し、同じ道を戻るコースが予定されている。女子が8月2日、男子は8月9日だ。暑さ対策として、スタート時間はロンドン五輪は午前11時だったが、午前7時30分と大幅に早める考えだが、今夏の暑さを考えるとその程度の対策で足りるのか疑問である。

対策あるのか

   今夏、東京でもっとも暑かった8月10日の気温を見ると、午前7時30分ですでに31.5度、ゴール予定の午前10時には33.9度にもなった。これも直射日光の当たらない状態での気温で、気象業務支援センターの村山貢司気象予報士はこう指摘した。

「実際の夏の炎天下では天気予報に気温より5度ぐらい高いと考えたほうがいいですね。2020年にはますます暑くなると思われますから、マラソンなんかは40度の炎天下のレースになりそうです。過酷を通り越して地獄に近いんじゃないですか」

   東京の夏は高い湿度が加わる。今夏の8月の平均湿度は70%だった。猛暑と湿度の高い状態でランナーにどんな影響があるのか。横浜国立大教育人間科学部の田中英登教授は「30度以上の気温でマラソンすれば、必ず脱落者が出ます。早目に脱落して重症化しなければいいが、完走が名誉というオリンピックで、意識もない状態で最後まで走り続ければ命を落とすこともあるかもしれません」という。

米国の人気スポーツ「空白期間」にオリンピック

   ランナーも命がけなら、見物人も熱中症続出かも…。そんな地獄のレースを強いられるようなオリンピックの日程をなぜ計画したのか。司会の赤江珠緒が「そもそもの理由とスケジュールの変更はできないのですか」と聞く。調べた黒宮千香子リポーターは「招致計画に盛り込まれているので変更は難しい」という。真夏になった理由ついて、元IOC専門委員の伊藤公によると、アメリカのテレビ局の放送権料がオリンピック収入の半分を占めることから、「アメリカのスポーツスケジュールに配慮したため」という。

   アメリカのスポーツスケジュールは、6月中旬にバスケットNBAファイナル、7月中旬にプロ野球のメジャーリーグオールスター、このあと7月下旬から8月末までスッポリ空き、9月上旬にアメリカンフットボールNFL開幕となっている。真夏でスッポリ空いたところへ東京五輪開催をはめた形だ。

   作家の吉永みち子「1964年の東京五輪は一番季節のいい10月に開催した。オリンピックそのものが変わってきたんでしょうね。お金の払いが一番大きいところの発言権が大きくなって、その都合に合わせて開催ですか。せめてマラソンぐらいは涼しい北海道でやって欲しい」

   スポーツキャスターの長嶋一茂も憮然として、「7年間準備できる期間があるんだから、『想定外』にして欲しくないですよ。40度以上ということも考えて対策をたて、事故のないようにして欲しい。オリンピックのあとパラリンピックもあるんだから」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中