JR北海道で運転士ハンマーでATS叩き壊す!自分の点検作業ミスごまかし

印刷

   「『またJR北海道!?』という声が聞こえてきそう」と司会の小倉智昭が言う。マスコミではひとたびある事物や事象が注目を浴びると、いろんな関連事例が大小問わず十把一絡げに発掘、スクープされ、「また!?」がまたぞろ出てくる傾向にあるが、それにしても今回の事案は「ヒドイですね」(菊川怜)などと非難の的となった。

会社は社員の犯行と分かって被害届取り下げ

   今月7日(2013年9月)、「憧れの特急、北斗星」(小倉)でATSが「誤作動」し、車両点検などで1時間以上の遅れを生じた。この点検の最中に、運転士は自分の作業ミスが誤作動の原因だったことに気付き、それをATS故障のせいにしようとして、ATS2機をハンマーで叩いたり蹴って壊したというのである。列車はその後、残ったATSを活用して札幌から函館まで運行した。

みんなで隠蔽

   さらには、隠蔽の上に隠蔽を重ねていた疑惑もあるという。JR北海道はATS破壊で警察に被害届を出したものの、その翌日に運転士の「犯行」とわかると、被害届を取り下げていたん。「運転士も隠そうとしたが、JR北海道もひょっとしたら隠そうとしたのか」(小倉)

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中