「おもてなしの街」なんかじゃない東京!勘違いのひとりよがり親切、進まぬバリアフリー

印刷

   先週1週間、テレビをつければ2020年東京五輪のことしかやっていなかった。ワイドショーは東京招致団のスピーチテクニックから「お・も・て・な・し」に、当然出てくるファッションチェック。驚いたのは、招致団メンバーの選手行きつけのお店まで紹介されて、お店のご主人が出て来て選手のこぼれ話をする始末だ。

   これでもかと五輪ネタばかりで食傷気味になったところに、五輪競技会場を見渡せる晴海付近では早くもテロ対策訓練が行われたなんてニュース、臨海地域のタワーマンションの人気が急に出てきたなんて、五輪にまつわる話や出来事の第2弾が出てきた。

外国人に不評…ペラペラしゃべり過ぎる機械

   五輪開催決定を受けての反応はいろいろあるけれど、私が気になるのは2つだ。

「出口はこちらの扉が開きます」
「ピコピコピコ~。いらっしゃいませ。ありがとうございました。ピコピコピコ~」
「お金のお取り忘れにお気をつけください。ピピーンピピーンピピーン」
「ティラリン~。あと5分でお風呂が沸きます」

   東京に来た外国人は喋る機械の多さまず驚くという。設置される場所によっては、日本語だけでなく英語、韓国語の案内もある。でも、これが外国人たちにはどうも不評らしい。うるさいというのだ。日本人の親切心がアダとなり、かえってわずらわしいそうだ。そんなに機械がペラペラしゃべらなくてもいいだろう。自分で判断することもできるのに、機械に誘導されているようで嫌だ。五輪で世界中から関係者や観光客がやってくることで、音声ガイダンスがどう変わるのかがとても気になる。

これでパラリンピック開催とは恥ずかしい

   気になる2つ目は、この音声ガイダンスのそもそもの目的にもなる目の不自由な方など、ハンディキャップを抱えている人たちへの対応だ。東京の街はとてもじゃないけれど、歩きやすい街ではない。歩道もツギハギが多くてボコボコで、車いすでは移動しにくく、地下鉄でも未だエスカレーターがない駅もある。渋谷駅なんて、あんなに上下移動ばかりなのに、バリアフリーが全く感じられない。

   パラリンピック開催にあたって、街がもっとみんなに優しくなるのかが気になる。以前、目が車いすに乗る目が不自由な方とお話した時の言葉を思い出す。「焦ることはできるけれど、僕たちは急ぐことができない」

   さまざまな問題を抱えていながら、それらを封印しつつ、とにかく五輪開催決定で浮かれモードにマスコミが牽引した後は、しっかりと対策を考えていく番組があってもいいのではないだろうか。気持ちを高揚させるばかりでは、もっと大切に考えていかなくてはいけないことを見落としてしまう。あと7年。いったいどうなっているだろうか。それは、私たち自身が考えつくり上げていくものでもある。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中