2018年 7月 18日 (水)

さまぁ~ず大竹、急性虫垂炎で入院「手術で下の毛を剃るのだろうか」(三村)

印刷

   お笑いコンビ「さまぁ~ず」の大竹一樹(45)が急性虫垂炎のため9月16日(2013年)に緊急手術を受けた。相方の三村マサカズ(46)はツイッターで「虫垂炎の手術って下の毛を剃るのだろうか」と妙な心配をしている。

   続けて「いろいろな方々にご迷惑おかけしているのに、最初に、下の毛を気にしてしまいました」といい、「お大事になさってくださいとお伝えください!」と心配するテレビ東京の大江麻理子アナウンサー(34)に、「大江はどう思う、下の毛」なんていう。

   虫垂炎の手術では感染病予防のため下腹部の毛を刈ることが多いが、腹に穴をあける「腹腔鏡手術」などの技術進歩によって、最近は剃毛しない病院も増えているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中