さまぁ~ず大竹、急性虫垂炎で入院「手術で下の毛を剃るのだろうか」(三村)

印刷

   お笑いコンビ「さまぁ~ず」の大竹一樹(45)が急性虫垂炎のため9月16日(2013年)に緊急手術を受けた。相方の三村マサカズ(46)はツイッターで「虫垂炎の手術って下の毛を剃るのだろうか」と妙な心配をしている。

   続けて「いろいろな方々にご迷惑おかけしているのに、最初に、下の毛を気にしてしまいました」といい、「お大事になさってくださいとお伝えください!」と心配するテレビ東京の大江麻理子アナウンサー(34)に、「大江はどう思う、下の毛」なんていう。

   虫垂炎の手術では感染病予防のため下腹部の毛を刈ることが多いが、腹に穴をあける「腹腔鏡手術」などの技術進歩によって、最近は剃毛しない病院も増えているようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中