松本人志「トロント国際映画祭で『R100』人気。国内でも喜んでもらえますように」

印刷

   「ダウンタウン」松本人志(50)が「トロントは凄い良かったよ」と9月16日(2013年)にツイッターでつぶやいた。監督4作目となる「R100」(10月5日公開)が、カナダのトロントで行われた「第38回トロント国際映画祭」で評価されたからだ。

   映画祭開催前には地元紙「トロント・スター」が59作品のうち最低評価を付けたと報じられていたが、下馬評を覆す人気に「なにせ沢山の人に喜んでもらえたからね」とニンマリ。「これからは国内ちょこちょこ行きますので引き続き喜んでもらえますよーに」と宣伝している。

   続く17日には最近はやりの「3D映画」について、「映画が飛び出すより。客に乗り出してほしいなぁ」とぼやき、観客をのめりこませる作品との自信を見せた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中