2018年 7月 22日 (日)

CBS中国系人気司会者「細い目整形」告白でボロクソ!「差別を売り物にするな」

印刷

   中国系の女性司会者で、米CBS局のリアリティー番組「Big Brother」、「The Talk」などで司会を務めるジュリー・チェン(43)が、番組で自らの美容整形手術を告白して話題になっている。チェンは駆け出しテレビリポーターの頃、上司に「そのアジア人的な細い目を何とかしなければ、テレビ業界でアンカー職での成功はない」と言われ、悩んだ末に目の整形手術に踏み切ったという。

CEO略奪婚で嫌われたジュリー・チェン「仕事でも結婚でも成功」にやっかみ

   チェンの告白は、アメリカ社会で同じような人種差別や偏見に苦しむアジア系女性たちの共感を得そうなものだが、むしろ反発を受けた。ネットでは「Golddigger!(金目当てに自分を売り込む女)」「成功したくて、不細工な自分の顔にメスを入れたのは自分の選択。人種差別に問題をすり替えるのはおかしい」「私は中国人だが、整形手術をしようなど考えたこともない」など批判的なコメントばかりが目立つ。多くのネットユーザーが「彼女は目だけでなく、顔中整形だらけ」と指摘し、実際、チェンのビフォア&アフターの写真を見ると、鼻や骨格、唇にも手を入れている感じだ。

   チェンは「ネットでは酷い意見も多かったけれど、アジア系以外の視聴者からの励ましのメールやツイート、ポスティングもあって、嬉しい驚きだったわ」とコメントした。

   チェンが嫌われているのは別の理由もあるようだ。チェンはCBS最高経営責任者レスリー・ムーンベスと夫婦なのだが、ムーンべスが別の女性と婚姻中だったときに付き合い始めた略奪婚だからだ。CBS最高経営責任者の妻の座と仕事での成功も手に入れた。これでは嫉妬されて当然か…。

Noriko Fujimoto

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中