「あまちゃん」30%接近の番組過去最高視聴率!台風18号効果

印刷

   16日(2013年9月)放送のNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」が視聴率27・0%(関東地区)を記録した。これまでの番組最高視聴率は8月24日放送の23・9%だったが、これを大幅に上回った。

   28日の最終話を控え、物語も大詰めということもあるが、この日は台風18号が日本列島に上陸し、昼ごろに首都圏を直撃という時で、直前の番組「おはよう日本」(あさ6時~8時)から引き続いて見た視聴者が多かったのだろう。「おはよう日本」も22・7%とこの時間帯のニュース番組としては高かった。

   4月1日のスタートから16日までの平均視聴率は20・5%だという。朝ドラはここ10年ほどは2012年前半の「梅ちゃん先生」を除けば平均視聴率20%超えのドラマは出ていない。その「梅ちゃん先生」は20・7%で、残り9話次第では「あまちゃん」はこれを超えるかもしれない。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中