新iPhoneより気になる孫正義社長「20日間ツイッター沈黙」ドコモ参入で不機嫌?

印刷

   東京・銀座の新iPhone発売といえば、ジャンボ宝くじ発売と並ぶ朝ワイド界の一大イベント、行列ナマ中継ネタだが、けさ20日(2013年9月)はそのiPhone発売日だった。

   「とくダネ!」は番組スタッフの「ガチ」並び1週間ドキュメンタリーを大々的に流し、リポーターが興奮して発売開始を実況し、スタジオにはiPhoneがやって来る。

新機種発売日なのに…

   ただ、モノ自体にはあまり目新しさはなく、話は早々にiPhone取扱電話会社のほうに移った。今回、すったもんだの末にNTTドコモがiPhoneを扱うことになり、国内主要ケータイ3社のいずれでもiPhoneが使用できるようになった。

きょうも沈黙

   そこで「気になるのは、ソフトバンクの孫さんです」と笠井信輔アナが言う。国内ではじめてiPhoneを売り出したソフトバンクの孫正義社長は、長らくiPhoneのエバンジェリスト的普及活動につとめ、またツイッターを積極活用して盛んに情報発言してきた。

   ところが9月に入り、20日間もつぶやきなしで沈黙しているというのだ。それもiPhone発売という重要イベントがあるにも関わらずである。「ドコモのiPhone販売にも、発売日にもつぶやかない。なにかあるんじゃないか」(笠井)などと、いろいろなネットデマを呼びかねない状況のようではある。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中